3組に1組は離婚している? 不妊に悩むカップルは6組に1組って本当? 世の中に溢れる様々な「ニュースの数字」の裏側を読み解く連載です。表に見える数字だけではなく、その背景をしっかりと紐解いていくと、新しい発見や気づきが得られるかも。
特集一覧へ

もうすぐ11月。年末も近づき、何かとお金が入り用な場面も増えてくる時期です。日々の支払いが重なる中、現金の持ち合わせがなかったり、高額な買い物をしたりする時に、助けてくれるのがクレジットカードです。

今回は、クレジットカードにまつわる数字がテーマです。

平均の保有枚数は3.2枚

今年2月に発表された「【クレジットカードに関する総合調査】2015年度版調査結果レポート」(株式会社JCBが実施)によれば、クレジットカードの保有率は全体で84%。また20代、30代、50代の女性は同世代の男性よりもカードの保有率が高いことがわかっています。

特に男性よりも保有率が上回っているのは30代女性。男性が79.2%に対し、女性は85.9%となっています。また、ちょっと意外ですが、女性でもっとも保有率が高い世代は50代で91.3%。2番目が60代で89.3%と、若い世代よりも50〜60代の方がクレジットカードを持っているのです。

クレジットカードにもさまざまな種類があり、用途によって何枚かを使い分けている人も多いでしょう。同調査によれば、クレジットカードの平均保有枚数の平均は3.2枚。なかでも常に携帯しているカードの平均枚数は2枚となっています。

また、保有枚数・携帯枚数を男女別に見てみると、女性でもっとも保有枚数が多い50代と60代が3.3枚であるのに対し、男性は60代で4.1枚。女性はカードの保有率は高いものの、持っている枚数自体は多くないようです。

一番カードを使っているのは30代男性

では、女性はカードを何に、どれくらい利用しているのでしょうか? 

調査によれば一番よく使うカードの1ヵ月の平均利用頻度は女性の30代で6回、40代で4.9回となっています。一方、男性は30代で5.9回、40代で6.6回。性別、年代別でもっとも利用頻度が高いのがこの男性30代です。一方、女性でもっとも利用頻度が高い世代は60代で6.2回。平均保有枚数では女性の方が上回る世代でも、男性の方が若干ですが利用頻度は高くなっています。

月の平均利用金額を見てみると、女性よりも男性の方が高め。世代別で男性を上回っているのは50代女性の5万9000円のみ。男性で一番利用金額が高い世代は40代の5万9500円で、同じ世代の女性の平均利用額(4万2200円)を1万7300円上回っています。

男性は車と通信、女性はショッピングでカード利用

では、どのような場面で、クレジットカードは使われているのか? 

「3ヵ月以内にクレジットカードを利用した業態」を見てみると、男性で女性を上回る項目としては「携帯電話料金」(男性52.8%・女性44.3%)、「プロバイダー」(33.9%・21.6%)、「ガソリンスタンド」(32.1%・18.7%)、「高速道路料金」(23.7%・12%)など、通信費や車に関する業態が多くなっています。

一方、女性で男性を上回る項目は「オンラインショッピング」(女性53%・男性51.6%)、「スーパーマーケット」(40.5%・30.3%)、「百貨店」(22.1%・11.9%)「通信販売」(7.6%・4.7%)となっています。男性よりも「買い物」にクレジットカードを利用する割合が高いようです。

カード負債で悩む女性が急増している

次にクレジットカードと収入の関係を調べてみました。

クレジットカードの保有率と収入の関係を見てみると、カード保有世帯の平均生活費が月に18.4万円であるのに対し、保有しない世帯は14万円。利用する額も、収入によって左右されるようです。

30代の女性の平均年収は男性よりも100万円少ないというデータもある中、女性と男性の利用状況にそこまで変化がなく、むしろ世代別では男性を上回る場面もあることから、女性は収入の割にカードをよく使っているのかもしれません。

クレジットカードやローンの多重負債に関するカウンセリングを行う公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会の調査によれば、平成27(2015)年度の相談者の男女比は男性56.4%、女性43.6%。2002年の調査では男性69.4%、女性30.6%だったので、女性の相談者が増加傾向にあることがわかります。

女性でもっとも、相談者の多い世代は40代で29.3%。また多重債務となってしまった理由について、一番多い回答は「生活費補填のため」で69.2%。男性の63.9%を上回っています。

最近では、女性限定で入会でき、女性向けに美容や買い物に特化した優待や得点をつけたクレジットカードも続々登場しています。女性特有の病気への保険がついている場合もあり、うまく使えばいざという時に自分を支えてくれる存在にもなるでしょう。

なんとなく昔作ったカードを持ったまま……、ついポイント目当てに余計な買い物をしがち……。そんな人こそ、クレジットカードの使い方を、今一度考えてみてはどうでしょう。

(安仲ばん)