2人に1人が不妊治療「やめたい」、理由1 位は「精神的不安定」

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
2人に1人が不妊治療「やめたい」、理由1 位は「精神的不安定」

高齢出産は35歳からとされ 、不妊に悩むのは30代というイメージがありますが……。

このほど、ウェブメディア「こそだてハック」を運営しているエバーセンスが「不妊治療」に関する調査を実施したところ、不妊治療経験者のうち20代から治療を始めた人は35%に上ることがわかりました。

3人に1人が100万円以上かけている

また、治療を経験した人の約半数51.7%の人が「やめたい」と思ったことがあるという結果に。その理由としてもっとも多かったのが、「精神的に不安定になり治療をやめようと思った」という回答で60.4%、2番目に多かったのが「経済的理由で治療をやめようと思った」で35.6%でした。その他の理由としては「仕事との両立が難しい」という声もありました。

不妊治療にかけた合計金額については、「100万円以上かかった」と答えた人は20代前半では7.7%、20代後半では32.0%だったのに対し、35~39歳では41.9%、40歳~44歳になると43.4%でした。全体では、不妊治療経験者の3人に1人(34.3%)が100万円以上の費用がかかっていることがわかりました。

10月2日には日本生命から「特定不妊治療」をサポートする国内初の保険が発売されましたが、社会の関心は高いとは言えない状況です。精神的、経済的なサポートも含めて、国として制度を整えてほしいですね。

(編集部)

【調査概要】
調査名:不妊治療に関するアンケート
調査対象:不妊治療経験のある女性
調査期間:2016年9月9日(金)~ 9月26日(月)
有効回答数:827(20代:289人、30代:508人、40代:30人)
調査方法:インターネット調査(ウェブディア「こそだてハック」で)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

2人に1人が不妊治療「やめたい」、理由1 位は「精神的不安定」

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング