私も「運のいい女」になれる?

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク
私も「運のいい女」になれる?

私も「運のいい女」になれる?

最近、「何かいいことないかなぁ」が口グセとなりつつある筆者ですが、みなさんは自分が運がいい方だと思いますか? それとも…? 今回は、アーユルヴェーダによる、いい運気を呼び込むための心構えについてご紹介します。

■悪いときのあとには必ずよいときがやってくる
運というものは、よいときも悪いときもあるものです。一生運のよい人も、一生運の悪い人も存在しません。悪いときが続くこともありますし、そういう時期はよいときに比べて長く感じてしまいがちです。しかし、悪いときのあとには必ずよいときがやってきます。

■運が悪いときの過ごし方が大切
運が悪いときこそ、労苦や忍耐を学びながら、未来の自分のためによい行いをすることが大切です。運が悪いか らといって不平不満を言っていると、その不満が何倍にもなって返ってきてしまいます。反対に、行動のラサヤナを意識して穏やかに暮らせば、よいときにそれ が何倍にもなって返ってくるのです。

■人として心がけておきたいこと
「行動のラサヤナ」とは、アーユルヴェーダが推奨する23の行動指針です。「真実を話す」「思いやりを持っ て接する」「優しい話し方をする」「規則的な生活」「緊張や怒りからの開放」など、人として心がけておきたいことばかり。これを実践することで、いわゆる 生命エネルギーである「オージャス」を増やすことができると考えられています。このオージャスが増えると、心も体も元気になり、幸福感が増し、内側から美 しくなれるのです。

「全然報われない!」と感じているときに、くさらず地道な努力を続けることって、かなり大変ですよね…。でも、その先にしか光はないのかもしれません。ツイてないなあと思うときは、逆に成長のチャンスと捉える。…私も頑張ります~(涙)。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

私も「運のいい女」になれる?

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング