多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。30代に突入して肌のリカバー力の衰えに戸惑っている人も多いのでは? 用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に自己流の習慣を見直しましょう。
特集一覧へ

20代までの美容習慣を見直す「30歳からのリセット美常識」。第1回目はクレンジングです。鈴木先生によると「20代と30代のやり方が違うというよりも、30歳までは多少間違ったやり方をしていたとしても、若さでリカバリーできるということなんです。しかし30代以降、間違ったクレンジング方法を続けることで、肌の衰えは加速度をつけて40代に入ってしまいます」とのこと。今日から正しいクレンジングを行いましょう。

安いクレンジング剤はダメ? やってしまいがちな習慣

まず、若い頃にやってしまいがちなコトをピックアップしました。

【under30】
□ゴシゴシ洗う
□できるだけ安いクレンジング剤で済ませる
□アイメイクも一緒に落とす

・ゴシゴシ洗う→×

摩擦は皮膚にとって紫外線の次によくない刺激です。ゴシゴシと力をいれなければ落ちないようなら、クレンジング剤を見直しましょう。

・できるだけ安いクレンジング剤で済ませる→△

肌に合っていれば安いものでもOK。ただしっかり汚れを落とすことが目的のクレンジングは、皮脂まで取り去ってしまう場合があります。必要な油分は肌に残しつつ、汚れをしっかり落としきる。クレンジングとは何かという基礎に戻って考えて、値段を軸にせず、汚れが落とせているかどうかを軸にして選びましょう。

・アイメイクも一緒に落とす→△

本当に汚れを落としきれていれば大丈夫ですが、そうでなければアウトです。アイメイクの濃さには個人差があります。しっかりメイクをした日にはポイントメイクアップリムーバーを使う、お湯だけでスルッと落ちやすいマスカラだけで済ませた日は、通常のクレンジングだけで済ませるなど、落としたい汚れがきちんと落ちているかを基準にしましょう。

クレンジング剤はどう選ぶ?

刺激を軸に、自分の肌に合う、合わないを判断しましょう。タイプもオイル、クリーム、ジェルといろいろありますが、肌が強い人ならばどのタイプを使ってもOKです。クリームやジェルはオイルに比べれば汚れが落ちにくいですが、自分の肌にとって刺激にならないタイプを選びましょう。

また、気候の変化で肌の調子も変わる人ならば、肌の調子がよくないときは低刺激のクレンジングを心がけるなど、肌の状態でクレンジングのやり方を変えることも大切です。肌の調子を気にかけるだけでも自分の肌を知ることができます。

特に問題がなければ、夏と冬でクレンジング剤を使い分ける必要はありません。

クレンジングはなるべく短い時間で!

クレンジング剤が肌に残ってしまうのが最もよくないこと。メイクは油性なので、オイルで落とすのが効率的です。しかし、オイルが肌に残ると酸化してしまい肌の負担になって逆効果なので注意しましょう。

顔のパーツでどこから落とすのが正しいというのはありませんが、肌にクレンジング剤を残さないことが大切です。時々、クレンジングをしながら時間をかけてマッサージをする人もいますが、クレンジング剤はメイク汚れを落とすためのもの。余計な成分が肌に入るのを防ぐためにも、肌にクレンジング剤が乗っている時間をできるだけ短くして、素早く洗い流すというのが正しい方法といえるでしょう。

CMなどで、洗面所でクレンジングしているシーンを見かけますが、私はメイク汚れを完全に落とすためにお風呂場でクレンジングをしています。

すっぴんでもクレンジングは必要?

必要です。メイクを落とすことがクレンジングだと思われがちですが、肌についた汚れを落とすことが目的だと心得ましょう。

次回は10月19日更新です。

(パツワルド敬子)

鈴木稚子(すずき・わかこ)1968年10月15日生まれ。医学博士。美容皮膚科医。スポーツ認定医。温泉療法医。東京慈恵会医科大学医学部卒業後、同大皮膚科、国立大蔵病院皮膚科勤務等を経て、2000年東京世田谷区用賀に用賀ヒルサイドクリニック開業。著書に「女医が実践している『ちょっと変えるだけ』でだれでもキレイになれるシンプルな習慣」などがある。「女医プラス」所属。