Viva! Photodays 第22回

アメリカは今やジャンクフードの国じゃない オーガニック食品であふれるスーパー

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
アメリカは今やジャンクフードの国じゃない オーガニック食品であふれるスーパー

あなたの知らないアメリカ

アメリカといえば、ビッグサイズのハンバーガーにコカコーラ……おいしいものは別にないでしょ?と思っていました。はい、正直ちょっぴり見下していたかもしれません。

しかし、ニューヨーク州の田舎町に行った時のこと。スーパーに入って度肝を抜かれました。オーガニック食品は当たり前、牛乳一つとっても、牛、ヤギ、豆乳、ココナッツ、ココナッツヘンプ、アーモンド、カシューナッツ……ざっと50種類ほど棚に並んでいるのです。同じ乳製品のヨーグルトもしかり。さらにクラフトビールになると、名前のアルファベット順に約3メートルの棚6つくらいに陳列されています。

FullSizeRender (14)-s

日本食なら、みりんや醤油など調味料は当然のこと、手作りの味噌、豆腐、梅干しも樽で売っているじゃないですか。さらに、蜂蜜は夏取り、秋取りで分類しているは、お米はタイ米、インディカ米、玄米など世界各国のお米が50種類以上並び、オリーブオイル、スパイス、ナッツ類もすべて量り売りしているは……。

FullSizeRender (12)-s

なんなんでしょうか、この世界。まるでオトナの遊園地。美食を誇るフランスでもスペインでもイタリアでもこんなスーパーは見たことありません。しかも、ファーマーズマーケットは全体的に値段がやや高いのに大盛況で、とにかく食への関心が高いことがうかがえました。

FullSizeRender (13)-s

この点、日本はちょっと負けているかもしれません。安心安全をうたっている割には、日本で許可されている食品添加物の数は全部で814。普通のスーパーで量り売りはまずないですし、オーガニック食品を求めるのは至難の業。

アメリカでの“クラフトブーム”の話は耳にしていましたが、まさかここまでとは。大量消費、大量生産の国で真逆のムーブメントがあるのは当然の帰結と言えるのかもしれませんが、社会の二極化も見え隠れします。町のスーパーからはいろいろなものが見えてきますね。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

アメリカは今やジャンクフードの国じゃない オーガニック食品であふれるスーパー

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング