男性の言葉に隠された残酷な本音

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
男性の言葉に隠された残酷な本音

男性の言葉に隠された残酷な本音

告白した相手や、彼氏からいわれた意味深な言葉。「それってどういう意味!?」と深読みしたくなることってありますよね。占いサイト「究極の恋愛科学」では、そんな言葉に隠された本音をズバリご紹介しています。

■ 「誰とも付き合う気はない」
告白した相手にこういわれても、落ち込む必要はありません。この言葉には「何か月か経ったら付き合うかもしれない」というニュアンスが隠されているので す。男性がこのような断り方をする理由は、適齢期の未婚女性は希少価値があることを本能で知っているからです。しかし、いまのところ本命になる基準には達 していないと考えるべきでしょう。

■ 「もっといい人がいるよ」
これ、じつは男性からの打ち切り宣言なのです。「いままでがんばって投資してきたけど、もうこれ以上はムリだ」という言葉であり、「もう君に労力をかける 気はない」という冷酷な意味を含んでいます。「オレはもうゴメンだ」といわれていることを自覚したほうがよさそうです。復縁の可能性はゼロではありません が、なかなか難しいかもしれません。

■ 「結婚願望がない」
「結婚願望がない」といい切る男性は、「あなたと結婚する気がない」と明言しているようなものです。1%くらいの可能性は残されているかもしれませんが、 ほぼ絶望的といえるでしょう。乱暴ないい方をすると、「軽い遊び程度ならいいけど、一生束縛されていいほどの付き合いはしたくない」という本音が表れてい るのです。

オブラートに包まれた男性の本音は、意外と冷酷…! 上から目線な考えにカチンとくるかもしれませんが、大人の女性としては、真実を理解したうえでスマートな対応をしたいですね。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

男性の言葉に隠された残酷な本音

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。