白鳥を眺めながらコーヒーを楽しむチェコ・プラハの朝

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
白鳥を眺めながらコーヒーを楽しむチェコ・プラハの朝

女子旅の目的地としてもすっかり定着したチェコ。美しい街並みにかわいい雑貨と魅力の尽きない場所ですが、地元の人が集う土曜朝市も見ておきたいものの一つです。白鳥を眺めながらモーニング・コーヒーを味わうプラハっ子の土曜日の朝。

青空の下でこだわりの一杯を

プラハの朝、ホテルの部屋に用意されていたフルーツをかじり、土曜朝市に向かいます。

ホテル・クラロフのウェルカムフルーツ

ホテル・クラロフのウェルカムフルーツ

ブルノの街で出会った、犬と散歩中の女性

ブルノの街で出会った、犬と散歩中の女性

街の真ん中を流れるヴルタヴァ川。そこに架かるイラーセク橋とパラツキー橋の間の川岸はナープラフカと呼ばれ、毎週土曜の朝にはファーマーズマーケットが立って、プラハっ子と観光客で賑わいます。

“週1オープン”のブルーバー

“週1オープン”のブルーバー

フルーツや生花、焼きたてのパン、チーズや蜂蜜を売るスタンドと並んで、イティ・スラデクさんが仲間たちと出店している〈ブルーバー〉があります。〈ブルーバー〉は週に1日だけ営業のサードウェーブ系コーヒースタンド。

朝8時半。犬の散歩のついでに買い物に来た女性、前の晩から飲み続けているように見えるビール片手の若者、スマホ片手にスタンドごとにセルフィー写真を撮る観光客などでマーケットは賑わってきました。

ドリップで勝負するラデクさん

ドリップで勝負するラデクさん

〈ブルーバー〉ではスタッフのラデク・スカパルさんが真剣な面持ちでドリッパーにお湯を落としています。この日のスペシャルティ・コーヒーはエチオピア産とブラジル産の2種類。週毎に産地を替えているとのこと。

この日のコーヒー豆はデンマークから取り寄せたもの

この日のコーヒー豆はデンマークから取り寄せたもの

「僕らはペーパーフィルターのハンドドリップだけで勝負しているんだ。コーヒーのデリケートな風味を味わってもらうには最良の方法だからね」とラデクさん。ヨーロッパ中のコーヒーショップで当たり前のように見られるエスプレッソマシーンはここにはありません。

コーヒースタンドのお隣はピッツァ屋さん

コーヒースタンドのお隣はピッツァ屋さん

メニューボードにはコーヒー2種類と「アイス・カスカラ・フィズ」が。カスカラとは、コーヒーの実の果皮と果肉の部分を天日乾燥したもので、ポリフェノールを豊富に含んでいることが知られています。

アプフェル・シュトゥルーデルはチェコでも定番のデザート

アプフェル・シュトゥルーデルはチェコでも定番のデザート

花屋さんで買ったブーケを抱えた女性が〈ブルーバー〉に立ち寄りました。「今日はどんなコーヒーがあるの?」と女性スタッフのイトゥカさんに尋ねています。

イトゥカさんは最近までオーストリアのコーヒーショップで働いていたけれど、イティさんのコーヒー哲学に共感して、この“週一コーヒースタンド”を手伝うようになりました。

ヴルタヴァ川の白鳥たち

ヴルタヴァ川の白鳥たち

3人の夢は自分たちのお店を構えること。スタンドの向こうの川面には白鳥が浮かんでいます。橋の上をロードレーサーに乗った男たちが走っていきます。いよいよ混み合ってきたマーケットにコーヒーの芳ばしい香りが漂います。

取材協力:チェコ政府観光局

【店舗情報】
Brewbar
Náplavka
+420 723 246 713
マーケットは土曜日の8:00〜14:00

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

白鳥を眺めながらコーヒーを楽しむチェコ・プラハの朝

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング