タグ
2013/10/28

習慣を変えることで開運できる!

「自分の性格」って、変えることはできるのでしょうか? 生きていくうちにいろんな問題に直面すると、「ああこの優柔不断なところを何とかしたい」とか、 「なんでこんなに短気なんだろう…」なんて思うことが結構ありますよね。ということで、今回は人気占いサイト「的中鑑定・法則占術」から、性格の変化につ いてのお話をご紹介します。

占いで「あなたはこんなタイプ」と言われて「当たってる」と思っても、そのタイプを変えることは可能です。誰から、どこで、いつ生まれたのかという宿命は変えることができませんが、性格は宿命ではありません。宿命の影響を受けただけなのです。

 

若いときは短気で怒りやすかった人も、人生経験を積んで年齢を重ねていくうちに穏やかになり、人から「丸くなった」と言われたりします。これって、性格の変化ではないでしょうか?

 

くよくよしたり、怒りっぽかったり、そんな自分とサヨナラする方法は、考え方を変えることと、習慣を変えることです。なかなか考え方を変えることは難しいと思うので、まずは習慣を変えることから取り組んでみましょう。習慣を変えると考え方も姿勢も変わってくるのです。

 

習慣を変えるということは、最初は脳が嫌がるかもしれません。それでも、100日間続けてみてください。早起き、時間を守る、靴をそろえる、太陽に 拝む、明るい挨拶をする、ご先祖様に手を合わせる、「ありがとうございます」を毎日100回言うなど、いままでやっていないことに取り組んでいきましょ う。あなた自身の質に変化が起きてきます。開運方法の基本のひとつです。

 

なるほど。とにかく習慣を変えることによって性格は変わっていくもののようです。…ですが、これだけだとちょっとモヤモヤする! という方もいるのではないかと思いまして、具体的に、ポジティブに物事を考えるための方法についても調べてみました。

 

【1】ノートに書き出す
なにか引っかかることがあるときは、心を落ち着けてノートに向かってみましょう。ここで大切なのは「後悔」ではなく 本当の意味の「反省」を引き出すこと。はじめは後悔ばかり浮かんでしまうかもしれませんが、冷静にそのとき起こったこと、そのときの自分の気持ち、頭に浮 かんだこと、別の考え…を書き出していくことによって、何か見えてくるものがあるはずです。気持ちの整理がつけば、自然に「次はこうしよう」「なるほど」 という気分になれるものです。

 

【2】笑う
たとえ楽しくなくても笑うことで、脳が錯覚して本当に楽しくなってくる、というのは有名な話。そして、笑うことは自分だけでなく、周りの人も幸福にします。積極的に、自分が笑える場所に、人に、会いに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

【3】良いところに着目する癖をつける
なかなか急には難しいことかもしれないですが、人は自分では気づかない「心の癖」みたいなものが多々 あるもの。物事のプラスの面を先に見つけるか、マイナスの面から入るかで印象は大きく違ってきます。もちろん、マイナス面に気づくことも大切ですが、どん な状況においても必ず希望はある、と思うのも間違いではないし、そこから学ぶことも大きくなるはずです。

 

【4】いったん、「自分を守ろうとする」ことを意識してみる、あるいはやめる
わざわざ自分で「自分を守ろう」と思わなくても、たいていの場 合、人間の無意識はかたくなに「自分を守ろうとする」もののようです。そして、そこからさまざまな認識のゆがみや、不本意な行動が出てしまうことも多いの ではないでしょうか。もし、ど~してもモヤモヤが晴れない! 考えが堂々巡りしちゃう! というときは、「自分を守る」ことと、そのほかの目的とどちらを 優先させるかを決めると思考がクリアになるかもしれませんね。守るなら守る! 無理しない!