川崎貴子の「自立という幸福」

女の30代以降はこれで決まる 「メンタル・タフネス」を身につけるための11ヵ条

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
女の30代以降はこれで決まる 「メンタル・タフネス」を身につけるための11ヵ条

早いもので、12月から始まったこの連載も、今回で最終回となりました。

「30代の働く女性達に伝えたいことを」とご依頼いただいてから、思いつくままに書き連ねてまいりましたが、、過去の記事を振り返ると、私が一貫して皆さんに伝えたかったのは、「女たちよ、タフであれ!」ということだと思います。

ナチュラルボーン・タフは存在しない

この原稿を書いている本日の朝、ニュースでは金メダルを獲得したオリンピック女子レスリング3名の映像が何度も何度も流れていました。伊調馨さんの、女性初の金メダル4冠という偉業にも目を見張りましたが、3名とも形勢不利な状況から立て直し、逆転して金メダルを勝ち取ったその瞬間を捉えた映像を見た時、思わず箸を動かす手が止まりました(朝ごはん中でした)。

彼女たちの技術力、体力、戦術もさることながら、何よりもその「メンタルの強さ」に圧倒されたからです。世界中の人が見ている大舞台で、日本を代表して多くの人々の期待を背負い、負けていてもあきらめずに勝ちにいくその精神力。きっと死ぬほどきつい練習と並行して、己のメンタルトレーニングにも励んできた結果でありましょう。

「オリンピックに出るような選手だから、もともとメンタルも強いのではないか?」と、われわれ凡人は思いがちですが、「ナチュラルボーン・タフ」な人間などおりません。コーチやメンタルトレーナーによる指導、もしくは自分自身で意識して続けたトレーニングにより、彼女たちは強靭な精神力を身に着けていったのだと思います。勝負の世界で生きる者にとってそれは必須スキルだからです。

そして、オリンピック選手ではないわれわれも、仕事やプライベートのありとあらゆる場面で、「強い精神力」は必要です。わかりやすいライバルはいなくても、勝ってメダルがもらえるわけじゃないけど、私たちは一番厄介な敵といつも戦わなければいけないからです。

一番厄介な敵とは?

その一番厄介な敵とは、「自分自身」に他なりません。パワハラ上司顔負けにいつも不安や恐怖を与え、ダメ出しをし続け、もう何もしたくなくなるほど追い込み、ありとあらゆるチャレンジや真っ当なコミュニケーションを阻害するのはいつだって「自分の内なる声」です。

「やっぱり私はダメなんだ」「私に○○なんてできるはずがない」という内耳の声に洗脳され、私たちは自身の成功や成長や幸せのチャンスを逃しまくります。そして、それらに唯一抗えるのは、自身の洗脳を一蹴する「タフな精神」であり、「メンタルスキル」なのです。

タフなメンタルをつくる11ヵ条

「メンタルスキル」は「スキル」ですから、トレーニングにより習得が可能です。トレーニングという大げさなものでなくても、いつもの考え方や行動の習慣を変えるだけで効果がありますので、以下ぜひトライしてみてください。

【1】高くて理想的な目標だけを追いかけず、小さな目標を散りばめて遂行する
【2】「自分の内なる声」をポジティブな言葉に変換する
【3】失敗ではなく、成功にフォーカスし、「なぜ成功したのか?」を分析する
【4】「認知の歪み」を修正する。ありのままを見る癖をつける
【5】不安や恐怖が訪れた時のパターンを分析し、原因を突き止める
【6】周囲の人全員から好かれようとしない
【7】やりたいと思っていることを発信する
【8】弱っていると感じた時は休む
【9】イヤなことはイヤだと言う。要らない人間関係は捨てる
【10】「弱いところや不得手があって当たり前」と大らかに考える癖をつける
【11】要るものと要らないものを丁寧に選択する。要らないものには関わらず、忘れる癖をつける

一部ですが以上です。

他にも、メンタルは身体と直結しているので、運動や食べ物の工夫、瞑想などを取り入れるといいと言われていますし、ひとりで難しければトレーナーやカウンセラーをつけたり、パートナーや親しい友人にチェックしてもらったりしてもいいでしょう。

「いつでもタフであれ」と言いたいわけではない

誤解しないでいただきたいのは、「いつでもタフであれ」と言いたいわけではないということです。メンタルが弱っている日もあれば、ニュートラルな日もある。それが人間です。

ただ、「30代からの女人生」は目まぐるしいほどいろいろございます。そして、タスクや選択肢が多い分、女性はいざという時に「強い心」を持てるかいなかで人生が変わってくる。

私自身が30代の頃、「今だ!」という時に「強い心」を持てず、大切な人たちとお別れせざるをえませんでした。後悔はありますがその経験を糧に、さらには加齢にも助太刀され、今では百獣の王クラスのメンタルを保持しております(笑)。

人生で勝負の瞬間に、愛する人を、愛する仲間を、愛する環境を守らなければならないその時にこそ、「強い心」を武器に立ち向かってゆきましょう。

(川崎貴子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

女の30代以降はこれで決まる 「メンタル・タフネス」を身につけるための11ヵ条

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
人が回答しています