タグ
2013/10/28

交際3か月目の危機を乗り越える方法

恋愛初期に脳内で大量に分泌されるドーパミンとPEA(フェニルエチルアミン)。とくにこのPEAが私たちの「恋のときめき」とか「恋は盲目、なんにも手 に付かな~い状態」に大きく関与しているそうです。が、この脳内物質もだいたい3か月くらい経つと落ち着いてくる場合が多いようです。付き合ってすぐから 3か月後くらいまではお互いに「いいところばかりが見えて悪いところが見えない」ラブラブ状態ですが、その後は男女ともお互いのことをある程度冷静に見る ように…。

そして、男性はこの時期になると「彼女は自分のものになった」と安心し、女性は「もっと安心したい!」という要求がつのる傾向があります。こうしたスレ違いも、3か月目の危機の大きな要因です。

 

しかし、世の中にはこの3か月目の危機で破局してしまうカップルもいれば、これを乗り越えるカップルもたくさんいます。ここで女子が心がけたいことは、「うろたえない」こと。これにつきます。

 

■自分の中の不安な感情と向き合う
彼のラブラブな気持ちが落ち着いて、熱心だった連絡が少なくなった。デートの約束も決まらない。彼氏の嫌 なところも見えてくる。「彼は本当に自分のことを好きでいてくれるのか?」「本当にこの人でいいのか?」そんな不安が吹き出してきたら、いったん落ち着き ましょう。しかし、無理矢理抑えこんでも根本的な解決にはなりません。ひとつひとつ自分の過去を振り返って、「どうして不安な気持ちになるのか」を考えら れればベストです。感情に振り回されて、自爆しないように踏ん張りましょう。

 

■彼にそれを受け入れる度量があるかどうかはわからない
自分ひとりで抱えられないくらい不安な気持ちになることも多いと思います。そんなと きは「付き合ってるんだし、彼と共有したい!」と思うかもしれませんが、付き合いだして3か月の時点で彼に強い負の感情をそのままぶつけたり、過去の暗い 記憶をとうとうと話したりするのはちょっぴり危険です。彼の方も本格的に「自分の彼女」としてあなたを見ようとしている最中なのです。情緒不安定な女性 や、貞淑さのない女性には反射的に拒否反応を示してしまう男性が少なくありません。

 

■もうちょっと様子を見てみよう
半年、1年も経てば、お互いの親密度はぐんと上がっているはず。ラブラブ期にしっかりコミュニケーションを 取っていれば「何を言ったらダメなのか」「何を言ったらうれしいのか」お互いのツボもわかっているはず。彼に要求があったり、どうしても伝えておきたいこ とも、タイミングをはかってうまい伝え方ができるようになっているはずです。

 

最後に、ふたりの愛情のバランスがあまりにも偏っていると、人間はストレスを感じてしまいます。このストレスを解消したくて別れを選ぶこともあるほどです。心地良い関係を維持するには、相手に合わせた愛情表現を意識することも大切です。