冷たいドリンクやアイスを摂りすぎたり、常時クーラーの冷たい風に当たりっぱなしだったり―—夏のカラダは意外に冷えている!? 冷えきったカラダを中から温めようと、今回は真夏にあえて飲みたい可愛すぎる「葛湯」をご紹介。

新感覚フレーバーの葛湯

「懐かしい飲みもの」という印象がある葛湯ですが、最近はさまざまなフレーバーが出ています。

和菓子の「たねや」では、「林檎」「黒胡麻」「黒蜜きなこ」「マンゴー」など、新感覚の葛湯を発売。上品な葛の風味にフレーバーの個性が合わさって、広い世代で受け入れられる味わいになっています。

また、葛の特産地である奈良県吉野で100年以上も前から続く葛専門店「吉田屋」では、「ゆるり」のブランド名で葛の新しい魅力を発信中。ハーブやフルーツを使い、目にも鮮やかなピンクやグリーンの葛湯を販売しています。「吉田屋」の営業・企画部、山本桃子(やまもと・ももこ)さんに、葛湯の効果や魅力について聞きました。

筋肉をほぐし安眠を促す助けにも

――葛湯にはどんな効果があるのでしょう?

山本桃子さん(以下、山本):「本葛」にはカラダを温める作用が含まれており、冷え解消の効果が期待できます。弊社にいらっしゃるお客様やバイヤー様に試飲していただくことも多いのですが、「やさしい味わいでカラダがぽかぽかしてくる」とおっしゃいますね。

てんさい糖の柚子生姜くずゆ

てんさい糖の柚子生姜くずゆ

また、「本葛」には筋肉を緩和させる作用もあるようです。本葛を葛湯にして肩こりや立ち仕事などで疲れを感じた時に飲むと、筋肉のこわばりが楽になると言われています。寝る前に飲めば、筋肉がゆるんですっと眠りにつきやすくなりますよ。特にラベンダーブレンドの葛湯はラベンダーの香りと葛の作用でとてもリラックスできて、ぐっすり安眠したい方におすすめです。

とろりハーブ&フルーツくずゆ ラベンダーブレンド

とろりハーブ&フルーツくずゆ ラベンダーブレンド

低カロリーで朝食やおやつにもピッタリ

――葛湯のカロリーはカップ1杯あたりどのくらいですか?

山本:葛湯は1杯あたりおよそ100kcalと、とてもヘルシーなドリンクです。とろりとした口当たりなので満腹感を得やすく、小腹が減った時にも向いています。消化がよく胃にやさしいので、朝食やおやつ代わりにしていただいてもいいと思います。お湯で溶いて飲むだけですから、忙しい朝でも手間がかかりません。

てんさい糖の野菜くずゆ かぼちゃしるこ

てんさい糖の野菜くずゆ かぼちゃしるこ

プレゼントやおもてなしにもおすすめ

――葛湯初心者にはどんな味がおすすめですか?

山本:りんご生姜の葛湯は、りんごのほんのり甘酸っぱさに生姜がピリッとアクセントになっていて、人気ですね。また、華やかな色味のもの、ハーブ系のものは、プレゼントやおもてなしのドリンクとして買い求める方もいらっしゃいます。

とろりハーブ&フルーツくずゆ ローズブレンド

とろりハーブ&フルーツくずゆ ローズブレンド

山本:葛には「本葛」と「吉野葛」の2種類があり、本葛は奈良県吉野産の葛を100%使用したもの。一方、吉野葛は本葛50%に「甘藷澱粉(かんしょでんぷん)」を50%配合したものです。「ゆるり」の葛湯は本葛のみを使用しており、葛独特の風味や味わいをたっぷり楽しんでいただけます。甘みやフレーバーも地元産や国産にこだわっていますので、カラダにやさしく自然な味わいです。最近ではカフェからの発注も増えてきていて、若い世代で葛湯の人気が徐々に高まっているのを感じます。

内野チエ

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています