Viva! Photodays 第12回

逗子の一色海岸をBarにして楽しむ大人女子の午後

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
逗子の一色海岸をBarにして楽しむ大人女子の午後

海で泳がなくなった年頃

海に行っても、泳がずに帰ってくるようになったのはいつからだろう。20代後半か30代になってからか……。近頃は、海へはもっぱら“飲みに”行くようになってしまいました。

20160724-ph2

だから、空を見て「海にでも行こうかな」と重い腰をあげて電車に乗るのは、だいたいお昼を過ぎてから。ここ10年くらい通っているのは、逗子の一色海岸です。ビーチに着くのは午後3時か4時くらいだけれど、日差しが少しやわらぐので、これくらいがちょうどいい。

20160724-ph4

砂浜に布を敷いて、水着になって、ビールをプシュ。寝っ転がって本を広げれば最高の気分です。ひとりの時もあるし、友だちを誘うこともあります。

20160724-ph3

夏のビーチは、書斎であり、バーであり、リビング。

気が向けば海に入ったり、夕焼けに染まる海でシーカヤックを漕いだり。

20160724-ph5

刻々と表情を変える海と空が群青色になるまで見届け、すっかり夜がふけたら、また一杯。

大人になってよかったなと思うのは、こういう楽しみ方ができるようになったことかもしれません。

短い夏、今年は何回海へ行けるかな。

20160724-ph6

「¡Viva! Photodays」シリーズはこちら

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

逗子の一色海岸をBarにして楽しむ大人女子の午後

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング