「くるり」浴衣

「くるり」浴衣 【涼唐草】瓶覗

夏の装いといえば浴衣(ゆかた)。けれど、30代からの浴衣選びには難しさを感じる人も多いのではないでしょうか。流行を取り入れたデザインのものや、派手な色・柄の浴衣は20代の頃は似合ったものの、30代が着ると何だか浮ついた印象……。そうかといって、落ち着いた大人っぽいものを着ると、今度は老けて見えないか心配になってしまいます。

そこで、「着物屋くるり」の広報部 内海祐子(うつみ・ゆうこ)さんに、30代からの浴衣選びのポイントについて聞いてみました。

30代からの浴衣は生地で差がつく

――30代が選ぶべき浴衣の色や柄には、どんなものがありますか?

内海祐子さん(以下、内海):お洋服だと、20代で落ち着いたデザインを着る方もいれば、30代でかわいいテイストのものを好む人もいますよね。浴衣も、デザインについては年代に関係なく、その方の個性に合うものを着るというのが一番だと思います。そういった意味では、ワンピースを選ぶ感覚で好きな柄の浴衣を選んでいただければと思います。

ただ、30代からの浴衣は、デザインが似たようなものでも、生地や仕立てがしっかりした、質のいいものを選ぶようにしましょう。そういうところに印象の違いが出てきます。

「くるり」ゆかた

「くるり」ゆかた 【紅芙蓉】濃紺

――質のよい浴衣を求めるには、どんなところを見ればいいのでしょうか?

内海:浴衣の生地は綿がほとんどですが、同じ綿100%でも薄いものから厚くてしっかりしたものまで、幅広くあります。お洋服に置き換えても同じだと思うんですけど、ワンピースでもお値段によって生地の感じや縫製が変わってきますよね。

「着物屋くるり」の今年の新作は3万5000円ほどで、百貨店の浴衣売り場でもだいたいその価格帯のものが主流になっていると思います。最近は、手染めのものなど工芸的魅力のある浴衣というのも人気があり、そういったものは6万~10万円ほどのお値段で販売されています。

30代で購入した浴衣は長く楽しめる

――質のいい浴衣を購入した場合、何年間着られるものなのでしょうか?

内海:毎日のように着るなら別ですが、年に数回程度の着用だと、かなり長持ちします。洋服のように1~2年で流行が大きく変わるわけではなく、30代で選べばきっと長く楽しんでいただけるのではないでしょうか。

もちろん、浴衣にもお洋服のように流行のカラーやデザインというのはあります。とはいえ、やはりベーシックなものは常にあり、特に古典的な柄や幾何学的デザインのものは長く着られるということで30代の女性に人気のようです。ここ数年の傾向としては、落ち着いた印象でお祭りっぽくない、街にそのまま出かけてもおしゃれなデザインが特に人気を集めています。

「おしゃれ」と思わせる柄選びのポイント

――着物の場合、季節を意識して柄を選ぶべきといいますが、浴衣の場合も同じなのでしょうか?

内海:「季節を意識する」という考えもあると思います。けれど、浴衣にも桜や梅の柄はあるものの、どちらも夏の花ではありませんよね。冬の花でも春の花でも、浴衣である以上、夏に着ていただいて問題はないです。

浴衣の柄には、夏の植物をあしらったものがほとんどですが、例えば9月にもお祭りはあります。もし秋口まで浴衣を着る予定があるのなら、夏真っ盛りといった柄よりは、秋草柄の方がおしゃれな感じになりますね。

浴衣をワンピース感覚で着てみよう

――浴衣を着るシーンは花火大会やお祭りが思い浮かびますが、イベント以外では、どんな時に浴衣を着るといいですか?

内海:食事に行く時ももちろんいいですし、夏だと浴衣で歌舞伎を観に行かれる方もいらっしゃいます。本当にワンピース感覚で着ていただいていいと思うんですよ。

お祭りなど賑やかな場所には、手のひらサイズ程の大きな柄の浴衣がお勧めです。柄が大きく、色のコントラストがはっきりしていると浴衣らしい印象になります。街着として日常に着るのであれば、柄の小さいものや控えめな色目を選ぶと、着物のような落ち着いた雰囲気が出せますよ。

くるり 浴衣【フォレスト】ビリジアン

くるり 浴衣【フォレスト】ビリジアン

■関連リンク

着物屋くるり

内野チエ

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています