タグ
2013/10/28

ヤキモチが愛のバロメーター?

ヤキモチは、多すぎても少なすぎても上手くいかないことが多いですよね。「私が男友だちと一緒に飲みに行くって言っても、全然心配してくれない」という不 満もあれば「いちいち、いまどこなのか、誰と一緒なのか聞いてきてウザイ…」という悩みも。ということで、今回のテーマは「血液型別・嫉妬しているときの 態度」です。

【A型】
嫉妬しているときは、非常に機嫌が悪く、無口になります。気持ちをどう言葉にしていいのかわからず、ストレスだけがたまってしまうからで す。逆に恋人を愛していなければ非常にサバサバしており、たとえ朝まで遊んでいても、文句ひとつ言いません。これが愛情があると一転、門限まで設ける徹底 ぶり。ヤキモチが愛情のバロメーターかも。

【B型】
アプローチ中や、交際直後などは露骨にヤキモチを妬いて、わかりやすくスネるようです。ただ、関係が落ち着いてくるとほとんど嫉妬 することはないでしょう。基本的に冷めやすい性格なので、ヤキモチを妬かせることは危険。相手を不信に思えば思うほど愛が冷めていくので、場合によっては 別れに直結することも…。

【O型】
最も嫉妬心がつよいのがO型。自分の軽さを棚に上げて、猛烈に非難してくるでしょう。そうなるとたとえ誤解でも引くに引けなくなっ て、誤解を招く方が悪い、と責め立てるでしょう。とても心配性なので、一度でも不安に感じたら、もう疑惑で頭がいっぱい。報復のつもりで浮気に走ることも あるので、誤解は禁物です!

【AB型】
感情のコントロールがうまいので、嫉妬をしていても非常にクールで、淡々と嫌味を言われるだけでしょう。また、プライドが高いので、あえてそのことには触れず、ヤキモチを妬いていることを悟られまいとしたり…。素直ではありませんが、嫉妬されているうちは愛されています。