“出産ビンボー”にならないための 妊娠2年前からのお金計画 第4回

合計で650万円 段階別にみる不妊治療のお金いろいろ

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
合計で650万円 段階別にみる不妊治療のお金いろいろ

仕事も楽しいし、パートナーとはもっとふたりきりの時間を楽しみたい。産むとしても数年先かな……となると、産んでもひとりだけかな」そんなことをとりとめもなく考えている30代女性の皆さんに向けて、妊娠2年前から考えておきたいお金の話をお届けしている本連載。今回は、不妊治療のお金について。

6組に1組のカップルが不妊といわれる今の時代、もしかしたら自分も……と不安が胸をよぎることもあるかもしれません。「お金がかかる」とよく聞かれる不妊治療ですが、その費用は1万円台から50万円まで実にさまざまなのです。

〈これまでのストーリー〉
【記事一覧はこちら】妊娠2年前からのお金計画“出産ビンボー”にならないために
現在38歳、大手メーカーに正社員として勤めるAさん。32歳で結婚、34歳から2年間の不妊治療を経て36歳でめでたく妊娠・出産しました。夫はメーカー勤務で世帯収入は1000万円。「一生に一度きりの経験かもしれないから」とベストの選択をし続けた結果、出費は合計で205万円に膨らみ、“出産ビンボー”になってしまいました。

Aさんの妊娠出産に関する費用一覧
不妊治療 : 650万円
出生前診断 : 20万円
妊婦健診 : 19万円
マタニティ・ウェア&シューズ : 8万円
分娩(入院費用、個室料): 115万円
ベビー用品・服 : 30万円
内祝い : 13万円
合計205万円(不妊治療を入れると855万円)

卵子が老化する!?不妊治療で妊活スタート

無事に妊娠し、セレブ病院で出産することを決めたAさんですが、実はここに至るまでには長い長い不妊治療がありました。

メーカー勤務の夫とふたりの生活を楽しんでいたAさん。おたがい仕事を持っていることもあり、平日は家事をすることもなく、週末になると二人でショッピングやレジャーを楽しむという自由気ままな日々を過ごしていました。

そんなAさんが不妊治療を決意したのは、「卵子の老化」という言葉を聞いたことがきっかけでした。「女性の卵子の数は、母体の中にいた時を頂点に減っていく一方。高齢出産の女性の卵巣は『古いミカン箱』の中からまだ食べられるミカンを見つけるようなもの」(『卵子老化の真実』河合蘭著より)と聞いて、鳥肌が立ったAさん。「このまま先送りしてはいけない!」と、あわてて妊活スイッチをオンにして、不妊治療の病院を探し始めました。

まずはタイミング法から

妊活サイトで評判のいい不妊治療専門医を見つけたAさん夫婦は、「まだ若いし、すぐに赤ちゃんを授かるはず」と気軽に不妊治療をスタートしました。

まずは一番手軽なタイミング法からトライ。タイミング法は、「もっとも妊娠しやすいタイミングを見計らってセックスする」というもの。あらかじめ基礎体温や超音波検査、ホルモン検査などで集めたデータをもとに、医師が排卵日を予測します。卵子は排卵後24時間しか受精できませんから、まさにタイミングが命というわけ。

医師が「この日」と指定した日に、夫に出張が入ったり、飲み会で遅くなったりすると、貴重な妊娠のチャンスが1ヵ月先送りになってしまいます。ふたりの気ままな生活は一変しました。

人工授精にチャレンジ

半年ほどタイミング法を試したものの、なかなかうまくいきません。そこで、今度は人工授精に移りました。人工授精では、排卵のタイミングを見計らって、女性の子宮内にパートナーの精子を人工的に注入して受精させようと試みます。

この頃からAさんは、なるべく自炊を心がけて有機野菜の宅配を頼むように。体にいいといわれるやサプリメントも摂取して、ますます妊活中心の生活となっていきました。

体外受精に入ると費用もケタ違い

人工授精にも5回チャレンジしましたが、なかなか赤ちゃんを授からなかったAさん夫婦。そこで、いよいよ体外受精に進むこととなりました。

体外受精は、子宮内から取り出した卵子と、パートナーの精子を体外で受精させ、受精卵を培養してから子宮に戻すという方法です。これまでの方法では母体内での受精を試みていたので自然に近い形でしたが、体外受精では母体への負担も大きくなります。1回あたりの費用も人工受精は1〜3万円ですが、体外受精は30万円前後に上昇。通院で体力的にもつらいなか、仕事を辞めたら治療費用も出せなくなるため、引くに引けない状態でした。

顕微授精4回目で待望の赤ちゃん

この体外受精で妊娠の兆候が見られたものの、なかなかうまく着床してくれず、チャレンジを繰り返します。悲しい思いとともに、月日が過ぎていきました。そうしていよいよ最終チャレンジの顕微授精に突入します。

顕微授精では、医師が顕微鏡で見ながら、卵子のなかに直接精子を注入します。そしてうまく受精した卵子を培養してから子宮に戻します。体外受精に似ていますが、「顕微鏡を使って精子を授ける」という言葉の通り、卵子と精子の出会いが医師の手で行われているところが違います。

「また、ダメだった……。」
治療を受けながら、何度涙を流したことでしょう。体外受精の費用は1回あたり35万円ほどかかり、預金通帳の残高もみるみる減っていきます。

こうしてチャレンジした4回目の体外受精が見事功を奏して、待望の赤ちゃんを授かることができました。終わった頃には、夫婦の預金はもちろん、Aさんが子どものころから貯めたお年玉もあとわずかになっていました。

Aさんの不妊治療費は合計650万円

その内訳は……
病院での支払い 合計548万円
・人工授精5回の総額15万円
・体外受精5回の総額258万円
・顕微授精4回の総額275万円

その他健康費用 合計102万円
・サプリメント代 月1万円×24ヵ月=24万円
・食費上昇 月2万円×24ヵ月=48万円
・ヨガ・はり治療など 30万円

Aさんはどうしてこんなに費用がかかってしまったのでしょうか?
ここからは不妊治療に使える制度をふまえて、解説していきます。

Aさんは利用していませんでしたが、厚生労働省では、不妊治療への助成金を用意しています。体外受精・顕微授精にかかった費用のうち、1回あたり15万円(初回に限り30万円に拡充されました)を助成するというものです。

助成金は最大6回受けられますが、初回年齢が40歳を超えると3回に減り、初回年齢が43歳を超えると1円ももらえません。不妊治療は年齢が上がるほど難しくなりますから早めの治療を心がけましょう。なお、男性不妊治療も対象になっています。

2016-6-22-hamada

二つ目は所得です。夫婦の合算所得が730万円未満であることが条件になっています(年収ではありません!)。詳しくは、窓口となる都道府県(政令指定都市などが窓口となる場合も)で「不妊に悩む方への特定治療支援事業」についてお問い合わせください。

「不妊治療ってギャンブルみたい」

長い不妊治療を終えたAさんはこう振り返ります。
「高い治療費と膨大なパワーをかけてきたから、自分ではもう後に引けなくなっちゃうんですよね。あと1回かけたら、今度は大当たりが出るんじゃないかって。この感覚って、大穴馬券を狙うおじさんと同じ(笑)。不妊治療って、ギャンブルみたいです」

不妊治療は出口の見えない迷路のようなもの。いくらお金をかけたから、何回治療を受けたから必ず赤ちゃんを授かるというものでもありません。治療を始めた段階で、かけられる費用と期間のデッドラインをあらかじめ決めておくといいでしょう。

赤ちゃんを授かることがゴールではなくて、無事に授かったらその先にまた新たな生活が待っています。ぎりぎりまで追い込まれないよう。余裕を持った妊活生活を送りたいですね。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

合計で650万円 段階別にみる不妊治療のお金いろいろ

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
人が回答しています
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。