幸せな未来を思い描いて不妊治療を始めたはずなのに、夫婦ゲンカが増えたり、いつの間にか溝ができてしまったり――。治療がきっかけとなって、夫婦関係があらぬ方に向いてしまったという声はよく耳にします。不妊で悩む人の支援を行うNPO法人「Fine」理事長であり、これまで5000人以上の不妊体験者に接してきた妊活コーチの松本亜樹子(まつもと・あきこ)さんに、「不妊治療中も夫婦円満でいるための秘訣」を伺いました。

【松本亜樹子さんへのインタビュー記事一覧はこちら】

タイミング法が夫のストレスになる場合も

――不妊治療が原因でケンカが増えたり、夫婦関係に亀裂が生じたりするケースも少なくないと聞きますが。

松本亜樹子さん(以下、松本):男性はデリケートですから、医師の指示で決められた日にセックスを求められることにプレッシャーを感じて萎えてしまい、それが原因でセックスレスに陥るケースも少なくありません。また急かされると気持ちがついていかず、夫婦間がギクシャクしてしまったりもします。

そのような場合、そこでぶつかって不仲になるくらいなら、排卵日にセックスをするタイミング法での妊娠をあきらめ、次のステップである人工授精に進むのもひとつの考え方です。「これしか手段がない」と思ってしまうと、自分も相手も追いつめてしまいますよね。

不妊治療をきっかけに価値観の違いが明らかに

――なかには、不妊をきっかけとして離婚してしまう夫婦もいるとか。なぜそこまでこじれてしまうのでしょうか?

松本:不妊治療が原因で離婚するというよりも、「子どもを持つ・育てる」という人生の大きな出来事に向き合うことで、互いの価値観や人生観の違いが明らかになったのだと思います。つまり、これまではリアルな将来設計について話し合ったことのなかった夫婦が、不妊治療中に初めて相手の思いを聞いてみたところ、互いに「望んでいる未来」が違っていた、という感じですね。

特に子どものことは、結婚生活において重要度が高いうえ、相手の価値観に合わせて自分の価値観を曲げるのが難しいもの。そこでの違いがわかると、将来一緒に生きていく姿がイメージできなくなってしまうのだと思います。

夫に「自分ごと」として捉えてもらうには

――妻側からは「真剣に向き合ってくれない」「自分ごととして捉えてほしい」という声もよく聞きます。不妊治療で夫婦間に温度差がある場合、どうやって埋めればいいのでしょうか?

松本:不妊治療では夫も妻もどちらも当事者ですが、やはり“産み育てる”ことに関しては、男性側の当事者意識は低いといえます。とはいえ、だからといって感情的に「自分のことなんだからちゃんと考えてよ」「子どもが欲しくないの!?」と詰め寄るでは、相手の気持ちを変えるのは難しい。熱心に向き合ってもらいたいなら、妻側も冷静に作戦を立てる必要があると思います。

――戦略的に考えるわけですね。何かよい方法はありますか?

松本:ポイントは、夫自身に「どうしたいのか」を自分で考えてもらうことです。将来のビジョンやプランをまだ描いていないのかもしれないし、本当はそこまで子どもが欲しいと思っていないのかもしれません。「あなたの意志を尊重したいので、これからどうするかを決めてもらいたい」と投げてしまうのもひとつの手です。

夫自身に、この先の人生や子どもの存在に向き合ってもらうことで、当事者意識を持たせる。2人で話し合う時には、子どもを持ちたい気持ちを数値化したり、ライフプランを紙に書いたりしてみるなど、「見える化」すると男性には効果的です。

相手が何を考えているのかわからない場合は?

――やはりコミュニケーションが大事なのですね。よく話をし、意志を伝え合う夫婦ほどうまくいくというわけですね。

松本:日本人の場合、「パートナーが何を考えているかわからない」という声が多いです。「どう思っているか相手に聞いてみれば?」と言うと、「聞いても答えてくれない」と嘆く。だったら、相手が答えたくなるような質問を投げかける工夫も必要です。

夫婦関係は、どちらか片方の意志ばかりが優先されているとアンバランスになって、やがてうまくいかなくなります。ですから、とにかくたくさん話して、意志を確認しあいながら進んでいくといいでしょう。

治療がきっかけで絆を深める夫婦も

松本:そういう意味では、不妊治療はいいきっかけになるんです。実際に治療した人からは、「不妊治療をしなかったらこんなにたくさん本音で話したり、一緒に悩んだり、将来のことやお互いのことを真剣に考えたりしなかっただろうな」という声も聞かれるほど。治療中は話題に事欠かないですから。

ですから、子どもに恵まれようが恵まれまいが、不妊治療をきっかけとして夫婦の絆が以前よりずっと固く結ばれた、というカップルもたくさんいるんです。不妊はそれだけを考えるとネガティブなイメージが強いですが、夫婦ふたりで協力することによって、ポジティブなことに転換できるかもしれないのです。

松本亜樹子(まつもと・あきこ)
NPO法人Fine理事長。一般社団法人日本支援対話学会理事。長崎県長崎市生まれ。コーチ、人材育成・企業研修講師、フリーアナウンサーとして全国で活躍。自身の不妊の体験を活かして『ひとりじゃないよ!不妊治療』(角川書店、共著)、『不妊治療のやめどき』(WAVE出版)を出版。それをきっかけに2004年、NPO法人Fine〜現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会〜(http://j-fine.jp/)を立ち上げる。

西尾 英子