「人を見る目」は養えるのか?

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「人を見る目」は養えるのか?

ニュースの後の後出しじゃんけん

不倫、詐欺などの事件が起こった際、「最初からうさんくさいと思っていた」「そういうことをやりそうな人だ」という大量の「後出しじゃんけん的意見」が主にネット上で猛威を振るいます。私は、いつもこれがとても気になってしまいます。

「私は人を見る目がある人物である」とアピールしたい気持ちが、あの大量の書き込みを生むのではないでしょうか。

人間の嘘を見抜く能力は、仕事に役立つ

「人を見る目がある人間」は、この複雑な社会において優位性が高いです。会社の社長に「人を見る目」が本当にあったら、優秀で帰属意識の高い社員を選ぶことができますし、新入社員も面接官やその会社で働く人を見れば会社選びを間違えにくい。恋愛や結婚の分野ではさらにそのスキルが、失敗も障害もなくキラキラとした幸せな世界へと誘ってくれることでしょう。

警察官、弁護士、検事、医師など、接する人間が嘘をつきやすい環境に身を置くプロたちも、喉から手が出るくらい欲しいスキルです。

私が営む人材業も同じで、面接時によりよく見せようとするキャンディデイト(候補者)の、本当のキャラクターやスキルを探らなければならない我々は、日々「人を見る目」を養うがために精進しているようなものです。

人材業の私、「人を見る目」は身についたのか?

さて、そんな人材業界に23年間身を置く私ですが、実際に「人を見る目」は養われたのか?と問われたら、残念ながら首を縦に振ることはできません。長いことやっていて不甲斐ない限りですが、やればやるほど人間の多面性に圧倒され、「人のことはわからないということがわかる」という本末転倒なジレンマに陥るばかりです。

正直者に見えた人が嘘つきだったり、引っ込み思案に見えた人が芸能界で活躍したり、スキルが足りないのでは?と心配した人が大化けしたり。「え!あの人が?」といういくつもの経験が、凡人は千里眼にはなれないということを教えてくれました。

ただ、千里眼にはなれなくとも精度を上げることはできると思っています。

「人を見る目」を養うための4つの方法

1つにはまず数多くの人間と話をすること。その際、できる限り相手の話を深堀りしてあらゆる角度から質問してみることです。

2つ目には言語だけではなく、非言語の部分(動作、表情など)も観察すること。

3つ目にはわかりやすく特徴的なところ、過剰なところ、足りないと思うところの原因を探ること。

4つ目には、それを記憶する、もしくは書き留めておくこと。その後、後追いをして経過を観察し、自分の見立てを検証すること、です。

これを繰り返せば、見るべき項目が次第に増え、パターンが増え、人物像の引き出しが増えるので精度はある程度上がります。

この方法は、かなり面倒くさい

ただ、これには難点が2つ。簡単に並べてみましたが、結構な気力と体力と時間を使うという点。もう1つは相手の裏を読みながら一挙手一投足を観察する行為は、繰り返すと次第に人間が、さらには自分そのものがイヤになるという点です。

実際に「人が嘘をつかない業界に行きたい」と人材業界を去る人は多く、人間不信に陥ってしまう人もおります。

人を見る目も「ほどほど」がちょうどいい?

だからなのでしょうか? 私はプライベートで関わる人は嘘をつかない・裏表を作らない人が多い。そして、そんな人とつながるFacebookでは「見せたい私を見せる」「それを肯定していいね!する」という、単純構造の世界が広がり、大変に癒されます。

相手の言動の真意を裏読みするための思考回路をオフして「その人が見せたい一場面や投稿」を喜んだり、感心したり、心配したりという予定調和は何とも心地よいです。

ある意味で最強の武器に近い「人を見る目」も、幸せな人生を歩むためには「ほどほど」がいいのかもしれません。

(川崎貴子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「人を見る目」は養えるのか?

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。