「毎朝、着ていく服に困らない」第2回

3年前のカシミアのセーターより、今年のユニクロ 「大人っぽい女」の意外なクローゼットとは

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
3年前のカシミアのセーターより、今年のユニクロ 「大人っぽい女」の意外なクローゼットとは

ゴールデンウィークが終わり、夏の気配が濃厚になってきました。「そろそろ夏モノを出さなきゃ」と思っている人も多いでしょう。今日は『毎朝、服に迷わない』(ダイヤモンド社)が刊行されたばかりの、予約の取れないスタイリスト、山本あきこさんに「衣替えのときに捨てたい服」について聞きました。

【「毎朝、服に迷わない」記事一覧はこちら】

衣替えの前におすすめするのが、すべてのアイテムを一度出して、床に並べてもらうことです。「めんどくさい」と思うなかれ。一度えいっとやってしまうと、後々のおしゃれ度がグンとあがります。

実はこれ、私がパーソナルスタイリングをするお客さまにも必ずしてもらっていることです。これをすると、同じような形の服をたくさんもっていないかという自分の「買いグセ」を知ることができます。同じような形(色)ばっかり……、ということの気づきやすくなります。それと同時にもう捨てるべき服がないかどうかをチェックすることもできるんです。

「生活感」が出てしまうものは捨てる

捨ててもいい洋服は、次の2つです。

ひとつは、3年間着なかった服。これは、この先も着ない可能性が高いです。「いつか着るかも」と思って貴重な収納スペースを陣取っているのであれば、思い切って処分してしまいましょう。

『毎朝、服に迷わない』

ただし、デニムだけは別です。

デニムは「今はこの形がトレンドじゃないから……」と感じられるものでも、何年かおきにはやりが変わりますので、また復活して着られることがよくあります。特にブルーのゆるっとした形のモノはテッパンアイテムなので、ちょっと古くても取っておきましょう。そのほか、デニムのワンピやジャケットも、残しておけばいつか必ず使えます。

『毎朝、服に迷わない』

デニム以外で3年以上着ていない服は、捨てていいものです。

もうひとつ、洗ってもとれない汚れがあったり、毛玉ができたり、素材が傷んできたものは捨てましょう。

傷んだ服を着ていると、その人本人にも生活感が出ます。とくにアウターがボロボロだと、全体がみすぼらしく見えるものです。

それだけ傷んだということは、たくさん着たという意味でもあります。あなたが使いやすい、似合う服だということですから、その服は手離して、同じような服をもう一度買ってまた何度も着ればいいのです。

3年前の3万円のカシミアセーターよりは、新しい今年のユニクロのセーターを着ているほうが、よっぽどおしゃれに大人っぽく見えますよ!

ボトムはユニクロで冒険する

また、流行の移り変わりは、ボトムの形で決まることに気づいていたでしょうか? 実は、トップスで流行が出ることはほとんどありません。いま、トレンドは「リラックス」ですので、ゆったりしたワイドパンツがはやっていますが、流行はボトムの長さや太さ、形に出るものです。トップスで変わった形がそこまで流行することはないのです。

今年らしい雰囲気を出したいと思ったら、ボトムで冒険するのがいいでしょう。今であれば少し長めのミモレ丈と言われるスカートや、ワイドパンツを履いていると、それだけで今年っぽさが出ます。

ユニクロやGUなどは、トレンドのボトムを取り入れるのが上手なので、ぜひ冒険してみることをおすすめします。高価なものである必要はありません。センスがよいということに、高価なものであるということは関係ないのです。また、トレンドの形でも、私がおすすめする「普通の形」さえトップスに押さえておけば、合わないということもありません。

『毎朝、服に迷わない』

トップスは一途でいい

だから、それを踏まえてトレンドが過ぎ去ったボトムは処分していくのもいいかもしれません。トレンドに合わせて買い換えていくのがボトムだとしたら、トップスは気に入った1着を長く着て、傷んできたら、また同じようなものを買うというイメージでしょうか。

また、たまに「◯◯というブランドの◯◯というアイテム」という限定的なものがはやることもあります。こういったものは、ボトムの流行に比べてすたるのも早いので、期間限定を楽しむのがいいでしょう。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

3年前のカシミアのセーターより、今年のユニクロ 「大人っぽい女」の意外なクローゼットとは

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング