¡Viva! Photodays vol.02「ブエノスアイレスの猫公園」

「猫のいる街はいい街だ!」ブエノスアイレスにある“猫パラダイス”

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「猫のいる街はいい街だ!」ブエノスアイレスにある“猫パラダイス”

ブエノスアイレスの猫公園

¡Viva! Photodays vol.02「ブエノスアイレスの猫公園」

「猫のいる街はいい街だ!」と勝手に思っています。猫が堂々と歩いたり寝っころがれる街ってことは、静かで落ち着いていて、車が少なくて、露地があったりして、餌をくれるような心に余裕がある人がいて、気候もよくて……ね? 平和そのもの。

古今東西、猫スポットはたくさんありますが、日本の裏側、アルゼンチン・ブエノスアイレスにも猫好きにはたまらない公園があります。

¡Viva! Photodays vol.02「ブエノスアイレスの猫公園」

市内にある植物園「カルロス・タイス植物園」。ここはもうやばいです。広い園内どこを見ても猫、猫、猫!!! ぱっと目をやったその視界に、ざっと50匹くらい猫がいます。それが360度。行けども行けども猫ばかり。猫パラダイスです。ふと格子状のマンホールの下を見ると、猫の骨があったりしてぞっとするのですが……。

¡Viva! Photodays vol.02「ブエノスアイレスの猫公園」

聞けば、昔誰かがこの公園に猫を捨て、猫好き市民が面倒を見てあげると、“猫はあそこに捨てれば大丈夫”という噂が広がり、どんどん増えていったそうな。

¡Viva! Photodays vol.02「ブエノスアイレスの猫公園」

公園のベンチには、猫8匹くらいを自在に操るおばあさんが座っていたりします。そういえば、“猫屋敷”の住人は女性が多い気がしますがなぜでしょうね。

¡Viva! Photodays vol.02「ブエノスアイレスの猫公園」

動物を飼えないマンション暮らしの今、道で遭遇する“自由猫”をもっぱら愛でている私ですが、東京にもこういう公園があったらな。

¡Viva! Photodays vol.02「ブエノスアイレスの猫公園」

「¡Viva! Photodays」シリーズはこちら

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「猫のいる街はいい街だ!」ブエノスアイレスにある“猫パラダイス”

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング