男性の育休、本当に役に立っている?  ヒアリング調査結果

男性も育休…のはずがリフレッシュ休暇に!? 妻からの厳しい意見「大きな子どもが増えただけ」

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
男性も育休…のはずがリフレッシュ休暇に!? 妻からの厳しい意見「大きな子どもが増えただけ」

男性の育休取得は、ジワリジワリとですが確実に社会に浸透しつつあります。その反面、「実際に取得できる職場はほとんどないのでは?」「どうせ有休消化程度だから、奥さんの助けにならないでしょ?」など、疑問も残るところです。男性の育休をめぐる実態は、果たしてどのようなものなのでしょう? ウートピでは、ヒアリング調査を実施しました。

やっぱりあった「パタハラ被害」

最近、ちょくちょく耳にする「パタハラ」という言葉。育児参加をしようとする男性に対して職場の上司や同僚が嫌がらせをすることを指します。一般に外資系企業はパタハラを含めたパワハラ全般に対して厳しい社内規定があり「原則禁止!」となっていますが、ヒアリング調査によると、それは建て前にすぎず、実際にはパタハラが横行している実態が見えてきました。

「秘書をやっています。2人目の子どもが生まれて、少し仕事をペースダウンしたいと上司に伝えたところ、“男が時短なんて”と鼻で笑われ、許可されませんでした。しかも、『人件費は一番カネがかかる。最近は派遣でも優秀な秘書がいるそうだな』と言われました。『代わりはいくらでもいるんだぞ』とほのめかされたわけです」(外資コンサルタント)

長時間労働称賛上司 VS 働きたくない育休男子

男性の場合、会社の制度は整っていても上司の個人的な価値観によって、育休を取りにくい環境が生じているケースもあるようです。

「妻の出産にともない育休を申請したら、上司が『男は会社に長時間いるほうが出世するんだ!』という持論を展開。会社としては男性社員の育休も認められているから、キッチリ1カ月休みましたけどね。さらに育休明けに出社したら、開口一番『みんなに迷惑をかけたんだから、ちゃんと挨拶するように』の一言。当然の権利を使っただけなのに、迷惑とは何事だって感じですよ!! 僕は、もともとあまり仕事へのモチベーションが高くないほうだから、昔気質の“24時間働きます男”の上司とはまったくソリがあいません。でも、使える制度はフル活用。来月から時短勤務を申請予定です」(外資メーカー)

育休取得でスキルアップ&転職へ

ヒアリングを進めていくと、本来育児のために使われるべき育休を、実際には自分のスキルアップ、転職の準備期間として使う人も少なくないという実態が見えてきました。

「人事部で働いています。古い体質の会社なので、過去に男性で育休を取った人は全部で4人ほど。それぞれ1カ月くらい取得していました。そのうち3人は育休中に資格を取ってそのまま転職。子どものための育休というよりも、転職準備のための育休申請だったのでは?」(金融)

育休……のはずがリフレッシュ休暇!?

男性の育休がどのくらい有効に使われているのか? その実態を誰よりもリアルに知っている妻たちに聞いてみました。

「『育休を取る』と言ってくれた主人。ところが、いざ取得してみたら、毎日ジム通い。おふろとおむつ替えを時々やってくれましたが、うんちの時は絶対にやらないし、子どもが泣くと『ママじゃないとダメだって』と言ってすぐに渡してきます。暇な時間はソファーに座ってスマホいじり&昼寝。夕方、子どもがずっと泣いていて夕食の準備ができなかったら、『自分で用意するからいいよ』と言い残してコンビニへ。自分の分だけ買ってきた時には言葉を失いました。子育ての大変さを語るテレビ番組を見ながら『子どもの世話が大変だってヤツ、甘え過ぎだよね』と言った主人。彼との間に2人目をつくるのはやめようと思いました」(夫/IT企業、妻/専業主婦)

夫の育休は「大きな子ども」が増えただけ

こちらも妻側からの厳しい意見です。

「『2人目の子どもが生まれたら大変になるし』と言って、1カ月の育休を取ってくれた旦那さん。ところが、蓋を開けてみたらびっくり! 何もしないで家にいるから(もしかしたら本人はやっていたつもりなのかもしれませんが……)、結局大きな子どもが増えただけで、邪魔でしかなかったです」(夫/医療関係、妻/メーカー勤務)

ちなみに、“大きな子ども”になってしまった旦那さんは、1カ月の育休を会社に申請したところ、60代のおじいちゃん上司から「え!? 1カ月も取るの? 1週間くらいかと思っていたよ」と言われたそうです。上司は「男子たるもの!」の時代の人でしょうから、仕方がないのかもしれませんね。

取得期間の長さより、「妻の満足度」を優先して

育休を取っても、「自分のために」使ってしまう男性は意外と多いようです。逆に、育休期間がたとえ1週間であっても、慣れない家事に育児にと奮闘してくれる男性の姿は、非常に頼もしく思えます。今、「妻が満足するくらい」しっかりやっておけば、子どもが大きくなっても夫婦で良好な関係が築いていけるかもしれません。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

男性も育休…のはずがリフレッシュ休暇に!? 妻からの厳しい意見「大きな子どもが増えただけ」

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング