『あっ、モデルかな? と思ったら私だった』発売記念企画(第2回目)

彼氏ナシのアラサーが花嫁修業! ドレスで歩くコツは「蹴りあげる」こと

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
彼氏ナシのアラサーが花嫁修業! ドレスで歩くコツは「蹴りあげる」こと

うららかな春の日に突如、「私、今年、結婚するんだ!」という予感に襲われた35歳の編集者Aちゃん。会社の会議室に舞い降りたカリスマトレーナーの豊川月乃(とよかわ・つきの)先生にヴァージンロードを美しく歩き切るためのレッスンを受け始めると、その予感は(何の根拠もないにもかかわらず)ますます現実味を帯びてくるのでした。はたしてAちゃんは無事に花嫁修業を終え、幸福な人生を手に入れることができるのでしょうか。

【第1回はこちら】会議室で勝手に花嫁修行!「上半身後ろ倒し」はヒロインになれる魔法のポーズ

ヒロインの姿勢を身につけ、歩き方へ

20160318-hanayome1

 

「月乃先生! 私、めっちゃうまくヴァージンロードを歩ける予感してきました!」

 

20160316-hanayome8

 

「よかったわね、Aちゃん。とにかく美しく歩きたいという心が大切なの。結果は後からいくらでもついてくるんだから」

 

20160316-hanayome6

 

「結果は後からいくらでも!? うわ〜、すごい希望持てる〜!」

 

20160316-hanayome7

 

「基本姿勢を覚えたら、次は歩き方ね。ポイントは2つ」

 

20160318-hanayome1

 

「うんうん! 何? 何?」

 

20160316-hanayome9

「1つ目は小股で歩くこと、2つ目は膝でドレスを蹴り上げること。ヴァージンロードはお父様と腕を組んで歩くので、どうしても引っ張られて大股で歩いてしまいがち。でも大股だとドレスの裾を踏んでつまずいてしまうの。だから、片足のつま先ともう片方の足の踵が触れるくらい小股で。さらにドレスの裾を踏まないための予防策として、膝のお皿でドレスをパーン!と蹴り上げてね。あんまりやりすぎると足元見えちゃうから注意が必要だけど」

 

20160316-hanayome6

 

「小股と膝でパーン!ですね! つまずくのだけはマジ勘弁。自分の結婚式でこけるなんて、めっちゃ恥ずかしいもん〜」

 

20160316-hanayome7

 

「さあ、やってみて」

 

ヴァージンロードの歩き方を動画で解説

まずは先生のお手本

続いて、Aちゃんも

 

20160318-hanayome3

 

「そうそう、おなかを引っ張られているような感じで歩くの。いいじゃない、なかなか上手よ。だんだん気持ちが入ってきたわね。ほら、自分の顔を見てみて。本物の新婦さんみたいにキラキラしてきたわ」

 

20160316-hanayome6

 

「え〜! ホントですか〜!?」

 

Aちゃんは嬉しくなって思わず鏡の方を見ました。そこには35年の人生の中で一番キラキラと美しく輝いている自分の姿がありました。校了明けの疲れも、眼精疲労からくる目の充血もすべて吹き飛んで、編集者人生に足を踏み入れて以来無縁となっていたピンク色の幸福感に満ち満ちていました。

20160318-hanayome4

ドレスのラインによって歩き方は変わる

(世界から、いや、宇宙から祝福されるってこんな感じなんだ)

Aちゃんは自分の胸のうちに揺るぎない自信が芽生えるのを感じました。

20160316-hanayome7

「ちなみにAラインのドレスかマーメードドレスかによって、ちょっと歩き方が違ってくるの。Aラインの場合は足の形が見えないから、極端を言えば、ガニ股で歩いていても大丈夫。むしろガニ股の方が安定感があって転びにくいからいいくらい。一方、マーメードドレスは足の形がわかっちゃうから、膝の内側をすり合わせるように、膝がドレスの1点に当たるように上品に歩かなきゃダメよ。ちょうど着物を着た時の歩き方に似てるかな」

 

20160316-hanayome6

 

「へ〜!!! そうなんだあ〜、超勉強になる〜! やっぱマーメードドレスも捨て難いなあ〜。やば〜い、なんか、超迷ってきた〜」

 

その時です、会議室のドアが開いて向こうから会社の人たちがぞろぞろと入ってきました。そう、Aちゃんは例の予感のせいですっかり忘れていましたが、今日は週1回の経営会議の日だったのです。社長以下、取締役のおじさま方、各部の部長クラスが一斉に集う大切な会議です。

20160316-hanayome6

 

「うわっ!!! どうしよう!!! S社長もI編集局長もいるし!!! てか、私、ウェディングドレス着てるし! めっちゃ恥ずかし〜」

 

20160318-hanayome3

 

「大丈夫よ、安心して、Aちゃん。あなたの姿はみんなに見えないようにちゃんと魔法をかけておいたから。さあ、レッスンを続けましょう」

 

20160316-hanayome6

 

「マジですか!?」

 

Aちゃんは試しにウェディングドレスの裾を持ち上げて、19世紀のパリで社交界デビューした乙女のようにお辞儀をしてみました。が、誰一人として気づきません。

20160316-hanayome6

 

「うわっ! ホントに見えてないみたい! すご〜い、月乃先生のパワー!」

 

20160316-hanayome9

「じゃあ、次はターンの仕方を覚えましょう。ターンのポイントはドレスの裾がひっくり返らないように、大きくUターンすること。Aラインのドレスの場合は左手で左後ろのドレスをつまみながらターンします。では、やってみて」

 

20160318-hanayome1

 

「はいっ!」

 

Aちゃんの華麗なるターン

 

20160316-hanayome6

 

「私、これで完璧にヴァージンロードを歩けるんだ〜! すごーい!」

 

20160316-hanayome9

「ノンノン! ここからが勝負よ、Aちゃん。30歳を超えたら女性は細部まできちんとツメなきゃダメ。ツメが甘くてもご愛嬌で笑ってもらえるのは20代まで。大人の女性の勝負はここからよ!」

 

第3回(「30歳超えたら細部のツメまでしっかり!」編)に続く

※本企画の設定は豊川月乃さんの経歴を除いて、すべてフィクションです。

(構成:鈴木円香)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

彼氏ナシのアラサーが花嫁修業! ドレスで歩くコツは「蹴りあげる」こと

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
人が回答しています
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。