強姦罪は現状、男女の性交にしか適用されないことをご存知でしょうか。男性が性的暴行を受けたり、女性が道具など用いた被害に遭ったりした場合は、強制わいせつ罪など別の法律が適用されるのです。「罰する」ことはできるけれど、男と女ではなかったばかりに強姦だとはみなされない――被害者感情を考えると、おかしな話だと言えます。そんな刑法に今、改正を求める声が上がっています。もともとの強姦罪が持つ問題点と議論の要点を、フリーライターの渋井哲也さんが解説します。(編集部)

強姦などの性犯罪の法定刑を見直す刑法改正について、岩城光英法務大臣が法制審議会に諮問しています。強姦罪や強制わいせつ罪は、被害者が告訴しなくても加害者を処罰できる「非親告罪」とすることや強姦罪の加害者と被害者の性差をなくすことがなど、様々な論点が検討されています。

そんな中で、性別や性自認、性的指向に関わらず性暴力の被害者に対して支援をしている「レイプクライシス・ネットワーク」(岡田実穂代表理事)のメンバーが法務省を訪れて、署名4244筆とともに、「刑法改正に係る要望」を提出しました。これまでも、刑法改正に関して様々な団体が要望書などを出していますが、それまでになかった論点だと思います。

性別による規定を撤廃すべき

要望書では、まず、強姦罪で「客体(被害者)に男性を追加するにとどまらず、『人』として、性別による規定を撤廃すること」としています。性暴力の被害者が「性自認についてカミングアウトすることを強いる」ことにもつながるとして、性別そのものを規定からなくしてほしいとしています。いかなる性別、性自認、性的指向かは関係ないというものです。

また、強姦罪の要件について「男性器女性器間の暴行ではなく、身体侵襲行為とし、膣や肛門等への性器及び器具の挿入行為とすること」としています。WHOの強姦の基準(2002年)では「身体的暴力、又はその他の強制力を伴った、ペニスか、他の体の部位による、膣か肛門への挿入(程度を問わない)」と定義されています。これを要望書では「身体侵襲行為」としています。

要望書提出については、新聞報道もされています。たとえば、毎日新聞WEB版(1月29日付け)では代表のコメントとして「同性間やトランスジェンダー(心と体の性が異なる人)の被害も強姦とされるよう、法の適正化が必要だ」という発言が掲載されています。しかし、こうした表現ではややわかりにくいと思います。一般紙ですので、仕方がありませんが、法曹記者クラブでの会見などを元に解説をしてきたいと思います。

現状の強姦罪は「性交」のみ

現行の刑法では、暴行又は脅迫を用いる、男性器(ペニス)を女性器(膣)に挿入する行為、いわゆる性交のみが強姦罪となっています。しかし、男性同性愛者など男性間で性行為をする場合は肛門性交となることがあります。また、トランス女性の肛門と男性器を用いた性交、男女間の肛門性交もあります。

現行では、肛門性交は、性交とはみなされず、性交類似行為となります。そのため、暴行又は脅迫を用いても、強姦罪ではありません。もちろん、現行でも、罰することは可能ですが、強制わいせつ罪となります。ならば、「強姦罪ではなく、強制わいせつ罪で訴えればいいじゃないか」という主張もあるでしょう。

体のどこを用いたかで、被害をランク付けするのはおかしい

しかし、被害感情としては「強姦罪」と同じという人もいるのです。それなのに「強制わいせつ罪」になるのは、性的指向の多様性からかんがみれば、理不尽です。性暴力の被害を「体のどこを用いたのか?」で、法律でランク付けされるのは妥当ではありません。選択するのは法ではなく、被害者側であるべき。そのように要望しているのです。

もちろん、被害者の性器と加害者が使用する道具の場合にも言えます。そのため、「膣や肛門等への性器及び器具の挿入行為」と表現しているのです。「等」にはどこまで入るかも論点だろうと思いますが、オーラルセックスをする人からすれば、口も入ることでしょう。場合によっては手足も入るかもしれません。

改正となれば109年ぶり

刑法の性犯罪については、戦後の1947年の改正で、姦通罪が削除されました。また、2004年には集団強姦罪を新設したということがあります。しかし、強姦罪の規定はこれまで一度も見直されていません。改正となれば、109年ぶりとなります。一度改正されれば、しばらくは動きがないことが予想されます。性暴力の実態と向き合い、きちんと論点整理をしていかなければなりません。

渋井哲也

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています