『Forbes JAPAN』の「日本の起業家ランキング」授賞式レポート

日本の起業家ランキング発表 大塚家具・社長が話す、新規事業に重要なもの

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
日本の起業家ランキング発表 大塚家具・社長が話す、新規事業に重要なもの

世界最大のビジネス誌『Forbes』の日本版『Forbes JAPAN』が11月25日に「日本の起業家ランキング」を発表。そのベストテンに選出された起業家たちへの授賞式が12月1日、東京ザ・リッツカールトンホテルで行われた。

スタートアップ業界に詳しい審査員によるランキング

この「日本の起業家ランキング」は昨年にスタート。今年は外部審査員8名によって事業性、経営チームの完成度、グローバル展開、成長ポテンシャルなどから2016年を担う日本の起業家を選出した。

特に今年は事業の革新性やグローバルへの突破力、社会的意義といった項目が重要視された。Forbes JAPANによるとこのランキングは、日本において「起業家」の社会における役割や可能性を広く認知させ、今後次世代の起業家が目指す1つの指標としてブランディングしていきたいそうだ。

第1位は2年連続「メルカリ」の山田進太郎氏

日本の起業家ランキングが発表

フリマアプリ「メルカリ」の山田進太郎氏

ベストテンには、クラウド会計ソフトやニュースキュレ―ションアプリといったスマートフォンサービスやITビジネスをスタートさせた起業家たちが数多くランクインした。

第1位は、先日ヤフオクの利用者数を超えたことが話題になったフリマアプリ「メルカリ」の山田進太郎氏。メルカリは日本では2000万DL、アメリカでも500万DLを突破し、一日に数十万点以上が出品されている。スマホを利用した新たな消費スタイルの確立、本格的な海外進出といった点が高く評価された。

日本の起業家ランキングが発表

「ラクスル」の松本恭攝氏

第2位は中小企業の印刷コスト削減を実現した「ラクスル」の松本恭攝氏。印刷業界の非稼働時間を有効に活用し、かつ中小企業の味方となるビジネスモデルが注目された。第3位は新開発の全方位タイヤを用いた電動車いすを製造・販売した「WHILL」の杉江理氏。「格好悪くて外に出たくない」という車いすユーザーの問題解決を目的とした社会貢献性が高く評価された。

大塚家具・大塚久美子社長がトークセッション

また授賞式のもう一つのメインイベントとして、大塚家具の大塚久美子代表取締役社長とマネックスグループ株式会社の松本大代表取締役社長を特別ゲストに、Forbes JAPANの高野真編集長とのトークセッションが行われた。

日本の起業家ランキングが発表

大塚家具の大塚久美子代表取締役社長

久美子社長によると、大塚家具は間もなく創業50年になる企業ではあるが、新しい時代を意識したデザイン、インターネット関連の事業やサービス、起業したばかりの会社との取引などを積極的に行っているという。その理由として、「考え方が固定化しがちな古い企業こそ、別の枠組みを入れて新しいもの作っていく意識が大切だから」と語った。

起業する上で重要なことは?

さらに、今、起業をする上で必要なことは何かを問われると、今回第3位にランクインした「WHILL」による全方位タイヤの車いすに乗ってみたことを引き合いに出し「世の中のためになることかどうかが最も重要になってくる」と社会性を指摘。さらには「最初にどういう志を立てたのかを大切に、継続して前向きな気持ちを盛り上げていくこと」と持論を述べた。その話を聴いた高野編集長は以前、久美子氏と会った際に自社のことについて目を輝かせながら話していた姿を思い出し、その意見に賛同した。

久美子社長は最後に、来年の抱負として「新生」をテーマに掲げた。大塚家具にはまだまだやれることがあり、常に現在を見直す気持ちで新しくなっていく必要性を語った。

今後、女性起業家はランクインするのか

以前、ウートピでは中国の富豪ランキング「胡潤百富榜」による女性起業家における億万長者(個人資産)ランキングの記事を掲載した。そのランキングでは、日本人女性はトップの73人に入らなかったが、今回のランキングでも女性起業家はトップテンに入らなかった。

参考記事:世界の女性億万長者ランキング発表 トップ10入りした職種とは?

大塚家具の創業は父の勝久氏ではあるが、久美子社長が語った、会社の代表となって事業を引っ張っていくために必要なことには説得力があった。何かビジネスをスタートアップして成功に導くには社会にとって有意義な事業性はもちろんのこと、高い志を継続させていき、常に前向きに新しいことにチャレンジする気持ちが必要だ。

幅広い女性に大人気のフリマアプリ「メルカリ」を作ったのは男性である山田進太郎氏だが、多くの女性にとって必要なサービスや有益なコンテンツは女性こそ当事者意識を持って作り出していくことができるだろう。今後、この起業家ランキングに女性が食い込んでくることを期待したい。

■関連リンク
ランキングはこちら:「日本の起業家ランキング」2016(Forbes JAPAN)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

日本の起業家ランキング発表 大塚家具・社長が話す、新規事業に重要なもの

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
人が回答しています
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。