life_00181_1

日本の結婚式というと数百万円を投じて、友人たちからも数万円という大金を頂戴して挙げるものというのが定番ではないでしょうか。そんな日本の結婚式が、あくまで型にはまったものだと気づかせてくれる結婚式を実現しているカップルがいます。

イギリス人のアレックスとリサの二人は、世界を旅しながら立ち寄った各国でその地ならではの結婚式を挙げているのです。現在立ち寄った国と結婚式は55を超えたところ!

この風変わりでとびきり面白い旅は イギリスのBBCやアメリカのニューヨーク・タイムズをはじめとする世界のメディアに掲載され、テレビにも出演するほど話題となっています。今回、このカップルの奥様、リサさんに話を伺いました。

理想の結婚式を求めて旅をスタート

――そもそもどうしてこの旅を始めようと思ったのですか?

リサ:私たちが出会って同棲して数年経った後、アレックスがイギリスからオーストラリアへ移住したいという夢を語ってくれました。それに私も賛同し、どうせならば、旅しながら、そして二人が結婚式する場所を探しながら最終目的地であるオーストラリアに行こう! というのが始まりです。というのも、雑誌やインターネットでは私たちが思う理想の結婚式スタイルが見つけられなかったから。2011年に旅をスタートして今まで旅を続けているんですよ。

各国の結婚式のプロフェッショナルがサポート

――旅と結婚式の資金はどうやりくりしているのですか?

リサ:出発前の数年は資金を作るために彼の事業を売り、家も売って、 一生懸命働いて節約をしました。とはいっても、生活にはそんなにお金をかけていないんです。高いものといえば旅の移動に使っている25年もののキャンピングカー、そしてめったに乗らない飛行機代くらいのものです。資金援助は誰からも受けていません。ただ幸いなことに、各国で、私たちに賛同してくれる方々が結婚式を手伝ってくれています。

また、私たちの結婚式が世界中に伝えられるというメリットがあるため、各国の結婚式のプロフェッショナルたちが、サービスを無料で提供してくれています。彼らはそれぞれの国の文化や伝統的な結婚式を世界中の人とシェアしたいと思っているからです。

もちろん、これらのサポートありきですが、私たちがする結婚式はどれもお金をかけたものではありません。それよりも、儀式として、各国の文化、哲学を知る事を大切にしているのです。

カナダから南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジアへ、まだまだ旅は続く

――今後の旅の予定は?

リサ:旅の始まりはカナダから。そしてブラジルへ移動し、キャンピングカーを船でイギリスに送って、その後ヨーロッパとアフリカを旅しました。今はイラクにいて、これからパキスタン、インド、シンガポールへと渡ります。これらの国は結婚式のプロフェッショナル達から既にコンタクトをもらい、サポートを受けられることになったので訪問する予定なのです。

――ぜひ日本でも結婚式を挙げてみられては?

リサ:いいですね! ぜひ日本人の方々と一緒に日本の文化と伝統をシェアさせてもらいたいです。もし実現するとしたら、2014年の終わりから2015年の初めになるでしょうか。

彼女達の結婚式の旅in the worldの現在進行中の様子は、彼らのHPでメール登録すると受け取ることもできます。また彼らのHPに訪問してくれた方々に、カンボジアのユニセフとソナス、二つの組織に募金を呼びかけています。

世界中をキャンピングカーで旅しながら結婚式を挙げるという斬新なスタイル。実際、結婚式に使う数百万があれば、二人で世界旅行をするのに十分な資金です。それを一日で使い果たしてしまうか、果たして世界旅行をしながら自分たちらしい結婚式をするのか。それは本当に自分たちの選択次第、ということをこの二人は教えてくれているのだと思います。

life_00181_2

life_00181_3

life_00181_4

life_00181_5

life_00181_6

二人のブログ 『2people1life』

中村綾花