人事担当者の覆面座談会(後編)

人事担当者が覆面で明かす“面接術” 意外なNGワードとは

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
人事担当者が覆面で明かす“面接術” 意外なNGワードとは

キャリアコンサルタントやIT企業の人事部長ら3人が覆面で「本当にほしい人材」を明かす座談会の後編。前編では、転職市場における良い人材の条件は「意思決定を重ねてきた人」だという話があった。後編では、面接での望ましい態度やNGワード、“使える”コミュニケーション能力の高め方を聞いた。

【前編はこちら】人事担当者の覆面座談会 良い人材の条件は「どれだけ意思決定してきたか」

参加者プロフィール

Iさん(30代後半):男性。大手IT企業の人事部長。「30代の転職は『自分で考え、自分で動けること』が絶対条件。第一印象も面接結果を大きく左右するので身だしなみにもこだわりを」

Kさん(34歳):男性。ベンチャー、スタートアップ、成長企業への転職を支援する人材紹介会社のキャリアコンサルタント。「お互いに幸せになるための転職であり採用。自分が相手のためになれることを伝える、相手が一緒にいたいと思ってくれるそんな自分であってほしい」

Wさん(31歳):女性。大手人材紹介会社にてキャリアコンサルタントとして、個人の方のキャリア支援ご転職活動支援を続ける。「個人の方の将来の可能性を最大限広げ、『自分らしくはたらく』ことに前向きになるお手伝いをしています」

「コミュニケーション能力が高い」は危険ワード

――面接でこれを言ったらアウト! というキーワードはありますか?

W:最近、多いんですよ。長所に『コミュニケーション能力が高い』って書いてくる人! でもそういう人に限って口だけの人が多い。そう書いておけば心象がいいと思っている人が多いので、面接ウケのいい言葉しか出てこないんです。自分の使っている言葉が定義できないので、言葉だけが先行してしまい、具体的な話を聞かれても言葉に詰まっちゃうんですよね。

K:コミュニケーションとは自分から相手を惹きつける話ができて、相手を納得させたり感銘させたりできること。それをただ人と普通に話ができればコミュ力が高いと勘違いしている人が多いんですよ。だからさっきお話した『過去によくやったと思える話』などを聞いても出てこない。

——ではどうしたら、本当の意味で高いコミュニケーション能力を得られるのでしょう?

I:ちゃんと自分の言葉で自分を話せるようになるには『リア充』になることが一番だと思いますね。面接に置いて重要なのはネガティブな要素を出さず、自分の魅力的に見せること。つまり前向きな発言ができるように、つねに自分のコンディションを高めておくことが大事だと思うんです。とくに男性よりも女性はプライベートが仕事に影響しがちだから、なおさら毎日を充実させることは大切だと思います。

W:たしかに女性は自分がイケてないときはネガティブになる傾向にあるし、人のせいにしがちですからね。

K:そうなると自分のことが客観視できなくなるので、仕事も会社任せになってしまいがち。それでは面接は通らない…という悪循環なわけですね。

——自分を客観視できるようになるのでしょうか?

I:これは持論なんですけど、人を傷つけたり、傷つけられたりすると客観視できるようになると思いますね。ぼろくそになることで反省して、『どうして?』『なんでこうなった??』と考えることで客観視できるから。でも女性だとなかなかこの環境は難しいんですけど。

覆面座談会(後編)

左:Iさん 右:Kさん

W:たしかに、女性だと悲劇のヒロインになってしまうか、女性同士が同調して『わかるー、ツラいよねー』で終わりがちです。

I:だとすれば『もっと恋をしろ』、これですね。価値観の違う異性とつき合うことでいやでも自分を客観的に見なくちゃいけない場面が増えます。さらに恋をすれば相手に自分をもっとよく見てもらいたいという気持ちも生まれる。これは面接にも有利に働くことだらけだから、一石二鳥じゃないですか。

転職活動は恋愛と一緒

K:面接は自分を売り込む営業活動だと思えばいいんですよ。履歴書=プレゼン資料だというベーシックなことをわかっていない人が多いと思います。だれもネガティブなことなんて聞きたくないじゃないですか。どれだけ自分がこの会社で働きたくて、興味があるかをキラキラした目で話せばいいんです。福利厚生や希望の年収額など具体的なことはそれからです。

W:まさに恋愛と一緒ですよね。『別に好きじゃないんだけど、ものすごいアプローチしてくるし…。いい人そうだしお付き合いしてみようかな!』ってこと、ありますもんね。かといってガツガツ年収やら不動産やらの具体的な話をされても引く、という(笑)。

I:だから面接で前職の悪口を言うのも悪印象。元カレの話を聞かされてもウザいだけです(笑)。でも『前職ではできなかった◎◎がしたくて、再就職を決めました』的な前向きは発言ならOKです。あとは履歴書に実績を盛り過ぎるのもNG 。背伸びして自分をよく見せても、いずれボロが出てしまう。それって恋愛でも仕事でも恥ずかしいですよね。できないことは盛らないこと。でも『頑張ればそれくらいの実績あげられます!』と意欲的なのはウェルカムです。

K:そうそう。でも最終的に重要なのは会社に『あなたを幸せにします』って言える態度。「幸せにしてください」と受け身では恋愛もうまく行かないのと一緒ですね。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

人事担当者が覆面で明かす“面接術” 意外なNGワードとは

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
人が回答しています
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。