タグ
2013/10/28

夢の見方でわかる心の傾向

夢占いといえば内容や夢に出てきたアイテムで占うのが一般的ですが、「スピリチュアル夢診断」を監修しているマリィ・プリマヴェラさんによると、夢の見方にも意味があるそうです。夢が表す意味とそうした夢を見るあなたのメンタル傾向をいくつかご紹介します。
■ 自分以外の人や物の視点になる
【夢が表す意味】
夢に登場する人やものはすべて自分の心が生み出したものですから、夢の中のものは自分とイコールです。友人の視点で夢が進展した場合、友人は現実の友人ではなくあなた自身なのです。視点が何であろうと、夢からのメッセージは自分宛てだと考えましょう。
【メンタル傾向】
意中の人や恋人に接近したい、さらには家庭的なぬくもりを求めているのかもしれません。ただ、純粋な気持ちで渇望しており、苦しみや危機感を抱いているわけではないようです。深層心理もとくに警告を発していません。他者との深い交流欲が、裏返して底なしの孤独感へとならないように、行き過ぎた願望だけはややセーブしたほうがよいかもしれません。

■ 前に見た夢の続きを見る
【夢が表す意味】
そもそも夢は自分自身の深層心理からの語りかけです。たて続けに夢の続きを見たり、何か月も完結するまで続きを見るのは、深層心理からあなたに伝えたいことがあるのです。夢からの語りかけを真正面から受け止め、自分なりに考え、回答を出すことが大事です。
【メンタル傾向】
密かに温めていたプランを実行する、思い続けていた異性に告白するなど目標の実現を考えているようです。しかし、安易な行動への警告が自分の中から発せられているようです。プランに落とし穴や無理がないか、もう一度確認してみる必要があるかもしれません。

■ 途中で夢だと気付く
【夢が表す意味】
これはごく浅い睡眠時に見る、明晰夢(めいせきむ)です。この状況下では夢を自分でコントロールしやすく思いどおりの結末も導けます。夢は潜在意識の表れですから、夢の内容を操ることで潜在意識も変えられると考えられます。
【メンタル傾向】
目の前にある新しい物ごとに目を奪われているようです。そこに不安や危険はなく、むしろ混沌とした状態がクリアになり、理解や操作がよりいっそう円滑になるかもしれません。また、いまやろうとしていることから驚くようなアイデアが生まれたり、不可能が可能になったりと、何か大きな転機を迎えているのかもしれません。

「スピリチュアル夢診断」スマートフォン専用サイト