タグ
2014/03/15

自分の髪の毛を売ってみた1

春らしく、暖かくなってきた今日この頃。長い髪をバッサリと切って気分を軽くしたい人もいるのでは。しかし、せっかく伸ばした髪。ただカットしてゴミにするのはもったいないな……と思っていたら、着なくなった服や飽きてしまったアクセサリーのように、買い取ってくれる業者を発見! そこで実際に、自分の髪を売ってみることにしました。

買い取りは15cm 1,000円~

インターネットで検索すると、髪の毛を買い取ってくれる業者がいくつか出てくる。その中で買い取り方法を細かく説明してある業者『tamtam』を選択。15cm以上の髪なら50g1,000円から買い取ってくれ、髪はエクステンションやウィッグになるという。

おととしの10月から傷みがちな毛先を切りながら、1年5か月かけて伸ばした髪は、長いところで30cm、十分売れる長さはある。ただし、傷みやクセがある髪の毛は減額され、買い取り価格が安くなることもあるそうだ。

細かい写真撮影が必要

買い取りまでの手順は、まず、ホームページの「お申し込み」のフォームで、住所・氏名・電話番号などの基本情報や銀行口座、長さや色など毛髪の質を入力して送信する。次に、カットする前と後の後ろ姿、カットした髪の束、カットした髪を秤にのせて撮影した写真をメールで送付し査定してもらう。査定額に納得すれば髪をエクスパック(350円)で郵送する。

カットする前に髪を下ろした状態で、美容師さんにお願いして、背中側から写真を撮る必要がある。最初に入った美容院では、写真をお願いすると「こんなことしたことがない」とかなり気が進まない様子。

写真を撮った後は髪をゴムで束ねてもらい、それよりも上からカットし、さらに切った後も撮影しなければならない。美容師さんの協力が不可欠なため、お願いする度に嫌な顔をされると頼みづらいと考え別の店に移った。

次に入った美容院の美容師さんは、カットした髪の毛をウィッグにして、病気で髪をなくした人にプレゼントした美容師仲間がいるらしく、多少戸惑いは見せたものの協力的だった。2軒とも予約の要らないタイプの美容院だったが、カットした髪を持ち帰ることや写真を撮ってもらうことはあらかじめ電話で伝えておいた方がスムーズだろう。

自分の髪の毛を売ってみた2

カット前

自分の髪の毛を売ってみた3

カット後

髪を売って一石三鳥!?

カットした髪の束を、長さがわかるようにメジャーと並べ、秤にのせて撮影し、それらの写真をメールでtamtamに送ると、翌日には査定結果が届いた。束ねたゴムの重さを除くと73g程度の髪の価格は2,230円。しかし、実際に髪を送ってみると、クセ毛のため512円減額され、最終的な買い取り価格は1,718円となった。2日後、銀行口座に郵送費350円込みの2,068円が振り込まれていた。

自分の髪の毛を売ってみた4

髪の毛の長さをメジャーで計測

自分の髪の毛を売ってみた5

毛束の重さを測る

1年半近くかけて伸ばした髪の価格が1,718円というのは高いのか安いのかわからないが、頭が軽くなってイメージチェンジができた上に、お小遣いもできて、一石二鳥。さらに、髪が捨てられずに、ウィッグやエクステに生まれ変わるなら、なんだかちょっと役に立ったようで気分がいい。次に買い取ってもらうときには減額されないように、しっかりとヘアケアに気を使おうと思った。

谷町邦子