教えて! ブルボンヌ先生 「ワガママと自由の境界線」 第27回彼氏が男友達を優先する

彼氏のために時間を空けちゃダメ! 男友達に嫉妬する女の人生相談 vol.27

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
彼氏のために時間を空けちゃダメ! 男友達に嫉妬する女の人生相談 vol.27

彼氏が男友達を優先する

第27回 彼氏が男友達を優先する
交際1年目の彼は、学生時代のアメフト部の仲間を今でも大切にしているのですが、私より仲間を優先するのが気になっています。先日のデートも夕方に切り上げて、仲間との飲み会に行ってしまいました。ちなみに私は仲間に紹介されていません。私を優先してほしいと思うのはワガママでしょうか。(27歳 アバレル・企画)

元体育会系なら、飲み会>デートも納得だわ

来たわね〜!彼氏がいる女のお悩み・ベーシック編、「私と男友達、どっちが大事なの!?」。男友達は、仕事に置き換えてもOKよね。これ、男側からしたら、「どっちも大事」「比べられない」って答えるもので、しつこく「私のこともちゃんとかまって!」って言い過ぎると、「あんまりウザいこと言うならお前は大事じゃない」とまでなっちゃうから気を付けてっ。

ちなみにアタシ個人は、あちこちフラフラしたい男的な面と、自分を大切にしてくれないとイライラしちゃう女的な面の両方強くあるのよねー。って男女の悪いとこどりじゃねぇか。

まぁ、そのへんの話はあくまで性別による傾向でしかないから、あんまり「男」と「女」って紋切り型で語りたくもないんだけど、あなたの彼氏の場合は、「アメフト部」ですもんね。草食男子だの女装男子だの、ヤワな男子が増える中(アタシが言うか)、アメフト部男子なんて、オスの匂いがプンプンしそうな貴重なタイプじゃないの〜ん。昔ながらのTHE・野郎なノリや価値観である可能性も高い。となると、アメフト仲間との飲み会は、彼女とのデートよりも重要なイベントだって感覚もしっくり来るのよねぇ。

それに、飲み会ってのは複数人のスケジュールを合わせて開催されるものなわけだから、あなたという一人の人間との時間よりも、ホントに貴重っちゃあ貴重なのよね。これを「あなたへの愛情」と「男友達への愛情」の比較と考えてしまうとくやしいんだろうけど、実際には「複数の男友達が時間を合わせた楽しいイベント」に出たい彼が、その直前まではあなたとデートをしたってこと。逆に、自分とのデートから帰さないで、友達たちとの飲み会を欠席させる、と考えると、けっこうな束縛状態に思えてこない?

彼女持ちのステイタスを得られれば満足なのかも?

これまた傾向だけど、(昔ながらの)男性性は、ただ長時間一緒に過ごすこと、とか、結論のない会話をだらだらすること、には、あんまり魅力を感じないっぽいのよね。恋愛初期の燃え燃え時期以外は、あくまで生活や価値観の「一部」として恋愛もあるってだけだから、短い時間でもしっかり楽しめればいい。露骨に言えば、アメフト部ボディの精力をぶつけることや、最低限、彼女とのお務めであるデートをたしなんで、彼女持ち男としてのステイタスを得られれば満足って面もあるかも。残りの時間はそれと比較するとかでなく、仕事は仕事、野郎付き合いは野郎付き合いで集中できちゃうものなのよ。

あなたの彼氏の場合も、飲み会直前までデートしてるところを見ても、完全に悪気のないタイプ。本人はむしろ効率よく、「彼女」と「仲間」両方への時間配分をしてるくらいに思ってるんじゃない。こういう人に、「どうして私より仲間を大切にするの」とか「私との時間をもっと増やして」とか「私のことを仲間にもちゃんと紹介して」って訴えるのは、よっぽど愛されてない限り、めんどくさい要求に聞こえて、あなたの株がむしろ下がっちゃうかもね。

彼氏との間合いをうまくコントロールして

くやしいけどここは、余裕をかますの!

彼氏のために時間をいっぱい空けとくんじゃなくて、家の用事でも女子会でも、当たり前のように入れて楽しむ。そのほうがよっぽど、「他の予定を優先されるイラっと感」を相手にわかってもらえるし、何より追いすがる女のウザさから、いつでも逃げられるかもしれない小悪魔的な魅力を感じさせられるようになるはず。

ほんとベーシックお悩みだけに、ベーシック回答になっちゃうけど、押してもダメなら引いてみな、なのよ。「追いすがる」「要求する」行為って、応えてくれたとしても、内心「しゃあねえな」「面倒だな」って印象も積み重なっていくもの。「ウフフ捕まえてごらん!」な軽やかな距離感と、あくまで「オネダリされる」側になることを意識して、彼氏との間合いをうまくコントロールしてほしいわ。

自分を大切にしたり、仲間に紹介したりってのを、早急に「しなさい」って口尖らせて言うんじゃなくて、時間をかけて向こうがしたくなるように仕向ける「北風より太陽」スタイル。駆け引きのうまい余裕ある女は、これをやれてるのよねー。

てか、元アメフト部の彼氏…。アメフト部って、ゲイ業界じゃCAくらいのブランドだって知ってる? もーそれだけでうらやましいんだようッ!

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

彼氏のために時間を空けちゃダメ! 男友達に嫉妬する女の人生相談 vol.27

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング