『男子の性教育』著者・村瀬幸浩さんインタビュー(前編)

精液への不快感、見過ごされる性被害… 置き去りにされる男の性の悩み

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
精液への不快感、見過ごされる性被害… 置き去りにされる男の性の悩み

男子の性教育について

女性の性に比べ男性の性は大雑把に扱われがちだ。「放っておいても男は勝手に学ぶ」「男だから大丈夫」「男は性被害に遭わない」――。だが、本当にそうだろうか。子どもの悩み相談電話にかかってくる性に関する相談は、圧倒的に男子児童・生徒からが多いのだという。

こんなアンケート結果もある。高校生の男女に行ったあるアンケートでは、「射精は汚らわしいもの」「射精は恥ずかしいもの」と答えた男子生徒がそれぞれ14.3%、19.5%いた。これは「月経は汚らわしいもの」「月経は恥ずかしいもの」と答えた女子生徒(4.7%、12.4%)よりも多い数字だ。

男子の性教育について

()内は回答者数/(出典:猪瀬優理「中学生・高校生の月経観・射精観とその文化的背景」『現代社会学研究』第23巻、2010年から一部抜粋)/調査対象は北海道の都市部の男子(高等専門学校生)162人と女子(高校生)133人。

同じアンケートでさらに驚くのは「射精は気持ちいいもの」と答えた男子生徒が66.7%という事実。約3割の男子が「射精は気持ちいいものではない」と考えていることは、果たして知られているのだろうか。

男性も性に関して悩みを抱えている。男性の性は置き去りにされがちだが、自らの性を肯定的に捉えなければ「柔らかな関係」を築くことはできない。そう説くのは、『男性解体新書』『男子の性教育』(いずれも大修館書店)などの著書を持つ元一橋大学非常勤講師の村瀬幸浩さんだ。村瀬さんに、男性が抱える悩みについて話を伺った。

「自分の性は汚い」と悩む男たち

――「射精は気持ちいいもの」と答えた男子生徒が7割程度というのは驚きました。ほぼ全員が気持ちいいものと認識していると思っていました。

村瀬幸浩さん(以下、村瀬):私も驚きました。この結果を知った後に講演会や懇親会に来る男性たちに聞いてみましたが、射精について「嫌悪感やコンプレックス」のようなものを感じてきた人が予想よりもずっと多かった。これは大問題だと思ったことが『男子の性教育』を書く大きなきっかけでした。

私自身は嫌悪感を覚えてきませんでしたから、男でもいろいろなんですね。だから「男はみんなこう、女はみんなこう」という言い方は固定的なイメージや誤解をつくってしまう。現代では性的嗜好など多様な性のありかたが知られつつありますが、「男」として括られる人の中にも性に関して多種多様な感じ方があることをまず知っていただければと思います。

――子どもの悩み相談電話に男の子からかかってくる性に関する悩みはどのようなものなのでしょう。

村瀬:多いものから順に、「包茎」「射精、マスターベーション、性欲への葛藤」「性器の大きさや形状」です。包茎や性器の形状についての回答は比較的シンプルです。包茎は病気ではないし、性器についてはそれぞれであっておかしくないことを伝えます。難しいのは射精やマスターベーションとの葛藤ですね。これは内面に関わるテーマだからです。学校では精通を教えても、マスターベーションのことは教えない。ましてやマスターベーションを肯定的に捉えるようなことは言いません。

「射精をどう認識するか」は大事なこと

――『男子の性教育』の中では、精液の匂いやねばねばした感触、夢精、マスターベーション後の虚無感などを不快に感じ、「自分は汚い」と自分のセクシャリティを否定的に捉えていたという男子大学生の声も紹介されていました。

村瀬:女子学生も「男の子がそんなことで悩んでいたのは初めて知った」と驚いていました。「男の子は(射精の)快感から性に目覚める、女の子は(月経の)苦痛から性に目覚める。そう聞いていたから男は楽でいい、女は損だと思っていたけれど、男の子にもそんな風に悩む人がいるんだ」と。

高校で生徒たちに教えた経験や、このアンケート結果から感じることは、マスターベーションへの葛藤は単なる「男の悩み」では終わらないということです。男女関係や人間関係そのものを、根本から揺り動かすテーマだと思います。なぜなら、自分の性についてポジティブに肯定する感覚がないと、相手の人の生理や性に関しても柔らかにかかわっていく感性が身につかないと思うからです。

――自分の性を肯定的に捉え、きちんと向き合うことは、他者との関係構築の第一歩……。

村瀬:そうですね。マスターベーションは日本語で「自慰」「手淫」などと言われ、やむを得ない、下品な行為と見なされがちです。男子生徒の回答を見ると「できればしたくない」と思っている人が少なからずいることがわかる。しかし、自分の性欲を自分で管理すること、自分で自分を楽しませることは決して悪いことではありません。私は「セルフプレジャー」と言い換えることを提唱していますが、そう伝えると楽な表情になる生徒もいます。射精をどう認識できるかということは、少しオーバーに言うと男の生涯において大きな「核」の一つになるのではないかと思います。

「男だから」「女だから」では語れない

男子の性教育について

村瀬幸浩さん

――性に関することは「男だから、女だから」と語ってしまいがちですし、そういった説明を求めてしまいがちです。村瀬先生が性を多種多様なものだと気付いたきっかけを教えてください。
村瀬:私は高校時代にバスケットボールでインターハイに出て、大学も体育学部に入りました。でも、自分の体があばら骨が出るような痩せっぽちだということにずっとコンプレックスがあった。体育会系というとマッチョを想像するかもしれませんけど、私自身は精神的にもそんなことなかったんです。大学に入ってみると体育専攻とはいえ背が小さい男子もいたし、筋骨隆々のもいた。みんな一様ではないとつくづく思いましたね。それから私は、もともとは文学が好きだったんです。いろいろな事情が重なって体育会系の学部に進みましたが、本当を言えば中高6年間の部活動をやってきて「もうこれでいい」と思っていた。その後、性に関する教育を志すわけですが、当時から「体育会系の男だっていろいろだ。人はいろいろだ」「いろいろと多様だから面白い」という気持ちがずっと自分にはあったと思います。

――男性の性に関する悩みということで言うと、男性の性被害は見過ごされがちです。

村瀬:悩み相談電話にも、母親や親せきや友達の母から性的関係を持たされているという相談があります。中には作り話もあるようですが、全部がそうではないでしょう。そこでもし男の子からそういう相談を受けた人は「何言ってるんだ」とつき放さないでほしい。また、思春期以降の男の子にとって、年上の女性から弄ばれる体験は大きな害になると思っています。だからそれは性被害の一つと言わなければなりません。同時に、母親からの介入も害になります。

――思春期以降の男の子にとって、母親の介入が害になるというと?

次回はより詳しく、大人の私たちが考えるべき性教育のありかたについて話を聞く。

【中編はこちら】「男に性教育は必要ない」は間違い 男性がセクシャリティを学ぶ必要性

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

精液への不快感、見過ごされる性被害… 置き去りにされる男の性の悩み

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
人が回答しています
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。