教えて! ブルボンヌ先生 「ワガママと自由の境界線」 第24回 妊娠しづらいことを彼に言うべきか

妊娠できない体。それもあなたの人生の条件よ 病気を彼に伝えるか悩む女の人生相談 vol.24

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
妊娠できない体。それもあなたの人生の条件よ 病気を彼に伝えるか悩む女の人生相談 vol.24

病気を彼にいうべきか?

第24回 病気で妊娠しづらい体に。彼に言うべきか
数年前に病気を患って、妊娠しづらい体になりました。可能性はゼロではないのですが、難しいそうです。今、付き合ってもうすぐ1年経つ彼には、まだ言っていません。お互いに仕事が乗ってきたところなので結婚はまだ考えていませんが、先に言っておくべきか、結婚の話が出たら言うべきか迷っています。(28歳・会社員)

悲しませたくないからこそ、言いにくいわよねぇ

病気のカミングアウト問題、難しいわねぇ。このまま交際がうまくいけば「結婚して子育て」という王道の幸せコースも見えている以上、内容そのものは幸せに水を差す、悲しい告白になりかねないし、伝える相手も、悲しませたくない彼氏さん、だものね。そりゃカミングアウトしづらいわ、と頷きつつ…。やっぱり早めに言ったほうがいいんじゃないかしら。

結婚の話も出ていないのに、という意味は分かるんだけど、逆に結婚の話が出るのを待ったとしたら、その時の彼には「いろいろ考えて結婚を決心したつもりが、ここに来て重要な条件変更をされるなんて」って受け止められることもありえるでしょ。

そりゃ彼が「そんなこと全然気にしないよ!」って言ってくれるのはステキだけど、心のどこかで「それならちょっと考え直さないと」なんて思われたとしたら、それって責められない上に、条件の悪い女として査定されてるみたいでミジメじゃない?

あなたの抱える問題は、珍しいことじゃないわ

もちろん今言ってしまうことで、早々にイヤな思いをすることにもなるかもしれない。「結婚なんて一言も言ってないのに、今から楽しくない情報を伝えられちゃった」とか、「それなら結婚を前提とした付き合いをわざわざ深める相手には相応しくないかな」とかさ。でも、そんな風に興醒めしてしまう彼なら、伝えるのを先延ばしにしたところで結局似たような態度をとられるんだろうな、と思うの。

実際のところ、愛しあっていても、結婚も子育ても難しいカップルはいっぱいいる。同性カップルやトランスジェンダーとのカップルもそうだしね。さらに、結婚していて子供も欲しいのに、不妊や経済的な事情で作れないでいるカップルだって多い時代。あなたの抱える問題は決して珍しいものじゃないのよ。

将来のために、彼の本音に向き合わなきゃ

もともと結婚や子育てのほうに移行しないで、スキモノオカマばりに恋愛期間だけを楽しむのが目的なら、わざわざそれに水を差す情報を伝える必要はないのかもしれない。でもあなたが少なからずそんな風に悩むということは、彼に対しての想いはもうそれ以上なのよね。

だったら、彼がどんな風にあなたを求めているか、あなたとの子作りの可能性をどこまで重要視しているか、その本音に向き合わなきゃ。彼が出してくる本音が残念なものだったとしても、傷が浅いうちに知ったほうが良くない? もう少し時間をかけて、より強固な絆を作った後なら、彼の反応も変えられるって考え方もあるとは思うんだけど、アタシはそういう類の男の価値観って簡単には変わらない気がするのよね。あなたが物理的に「子作り」が楽ではない体だ、ということを、引け目に感じるより、それがあなたの人生での条件だと腹をくくってくれたらいいかな。

人はなりたかったわけじゃないものにも、なっちゃうのよ。そしてなっちゃったものが、世間的に低く見られていたとしても、変えられないものも多い。だったらそれを引き受けて、ともに生きる意味や楽しさを見ていかないと、ずっと残念な人生になっちゃうもの。

ダメなら次へ! 早めにフルイにかけちゃうくらい気持ちで

子供を持つのが夢という男性をダメだというつもりはないけれど、あなたとのマッチングにおいては向かないかもね。だとしたら、あなたと運命をともにできる男かどうか、早々にフルイにかけちゃうくらいの気持ちで、「もしも結婚とか考えてくれてるのなら、一応言っておくね」なんて雑談の中で伝えてみるのはどうかしらね。最高にイイ男の言葉か、気まずい残念な表情か、何が返ってくるかの保証はできないけど、それがあなたが選んだ男の本音なのよ。

ダメなら次だよ!まだ20代!

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

妊娠できない体。それもあなたの人生の条件よ 病気を彼に伝えるか悩む女の人生相談 vol.24

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
人が回答しています