子育てもおひとり様ブーム? 「旦那はいらないけど子どもは欲しい」に7割以上が共感

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
子育てもおひとり様ブーム? 「旦那はいらないけど子どもは欲しい」に7割以上が共感

夫はいらないが子供は欲しい7割が共感

ウートピ連載コラム、「教えて!ブルボンヌ先生」「結婚せずに子どもが欲しい女の人生相談」が寄せられ、大きな反響を呼びました。晩婚化が進み、未婚女性が増加している昨今、出産のタイムリミットに焦りを感じている女性も多いはず。「結婚は諦めているけれど、子どもだけは何としてでも欲しい」という気持ちを抱く女性も、少なからずいるのではないでしょうか。

そこでウートピでは「旦那はいらないけれど子どもはほしい女性の気持ち、わかる?」というアンケート調査を実施。「わかる」が72%にのぼり、高い割合を占めていることが判明しました。

【アンケート】旦那はいらないけど子どもは欲しい女性の気持ち、わかる?

※サンプル数:414人(9月4日現在)
※ウートピ世論調査結果より(投票結果はコチラ

夫はいらないが子供は欲しい7割が共感

<アンケート結果>
「わかる」・・・・・72%
「わからない」・・・・・28%

役に立たない旦那よりも、一人の方が効率的!」

まずは「わかる」と回答した人の意見を見ていきましょう。
※回答はわかりやすいよう一部表記を変更しています/すべてのコメントはウートピ世論をチェック

・旦那がいて助かる事も有るけど、面倒くさい
・共働きだと特に。立場は同じなのに自分(夫のこと)の面倒まで見させようとするところがムカつく
・役にたたない旦那がいてイライラするより自分一人の方がよっぽど効率的。よっぽど子育てに理解のある旦那以外はでっかい子どもがいるのと変わらないもん。結婚して8年たつけど、ほんと身に染みる。まぁもうすぐ離婚するからいいんだけどね

結婚しても必ずしも幸せが待っているとは限りませんし、さまざまな事情でシングルになることもあるでしょう。「旦那はいらない」という意見を持つ人は、「子どもを自分ひとりで育てる」という覚悟があるのかもしれません。

生き方の選択はそれぞれ自由という考えも

・社会の変化に合わせて、婚姻制度や家族制度も変わっていいと思う。育児を社会全体で支えられるなら、むしろ子どもと社会の接点が広がっていいと思う!
・経済的に余裕があれば、良いと思う
・結婚できなかったときの最終手段としてなら支持できる
・大切な人に出会えても結婚できるとは限らない。宇宙イチの愛情で育てれば、仮面夫婦や家庭内別居より幸せになれると信じてる! そんなあたしは未婚の母

時代とともに社会の在り方が変化していき、生き方も多様化しています。それに伴い、結婚や家族の形、そして子育てについての考え方も広がりを見せているのかもしれません。

「ペット感覚なのでは」「子育てもおひとり様ブーム?」反対派からの厳しい意見

一方で、このような厳しい意見もみられました。

・ペット感覚だと思う。ブリーディングみたい
・理解できない。子どもを何だと思っているんだろう? 飾りじゃありません。人間を育てるって大変な事。旦那はいらないけど子どもは欲しいとか言っている人に言いたい。子育てっておままごとじゃないんです
・健全な子どもは、健全な家庭に育つ。日本で生きていくのなら、仲の良い両親がそろっていたほうが、幸せだと思う。貧困児童を作りかねないのでは

また、リスクを十分考えるべきとのこんな意見もありました。

・経済的な余裕も、体を壊してしまったらあっという間になくなる。社会全体で子育てするという理想はいいけど、現実問題はまだ難しい。最初から一人で産むということは、養育費も期待できない。おひとり様でいることまではいいけど、子どもを持つことまでブームに乗じて考えるのは危険。そういう考えの人たちって、なんかふわっとしてて、見てて危なっかしいわ

キャリアを積み、社会の荒波にもまれながら、自立した生活を送る未婚女性たち。経済的な自信があり、精神的タフさを身に付けたからこそ「結婚せずに子どもが欲しい」という願いを抱くのかもしれません。年齢を重ねるほど卵子の老化も進み、妊娠、出産のチャンスも狭まってくると言われています。刻一刻と近づくタイムリミットに焦る彼女たちの思いは、ワガママと捉えられるものなのかもしれませんが、その一方で、共感を抱く人も少なくないようです。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

子育てもおひとり様ブーム? 「旦那はいらないけど子どもは欲しい」に7割以上が共感

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
人が回答しています
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。