空港で40度のお酒を一気飲みして搭乗拒否 彼女が泥酔せざるを得なかった驚きの理由とは

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
空港で40度のお酒を一気飲みして搭乗拒否 彼女が泥酔せざるを得なかった驚きの理由とは

空港で泥酔…お酒を一気飲みした理由

中国の北京首都国際空港で、泥酔した中国人女性が飛行機への搭乗を拒否されたことが地元の新聞で報じられ、国際的に 話題になっています。

ひとりで立てないほど泥酔

香港の英字紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』(ウェブ版)によると、その40歳代の女性は搭乗口の床に転がり、叫んだり悲鳴を上げたりしていたそうです。

彼女には同行者がおらず、安全な飛行に支障が出ることを懸念した機長が搭乗を拒否。警察官の話では、彼女は自分ひとりで立てないほど酔っており、車椅子で部屋に運び、休ませたということです。

40度の高級酒を一気飲み

なぜ彼女がそれほどまでに泥酔していたかというと、手荷物に入れていたコニャック「レミーマルタンXOエクセレンス」のボトルを検査で発見されて、持ち込みを止められたのだそうです。彼女はアメリカの空港でそれを購入し、北京の空港で国内線に乗り換えようとしたところでした。

しかし、中国では、100ミリリットル以上の液体を手荷物で機内に持ち込むことは禁止されています。700ミリリットルで200ドル(約2万3,000円)の高級な酒がゴミとして捨てられることを恐れた彼女は、なんとその場でボトルを飲み干したのだとか。

彼女は数時間後に目を覚ますと、警察に感謝し、家族とともに帰宅したそうです。2万円を捨てるのは惜しいという気持ちは理解できますが、だからといって、アルコール度数40度の酒を一気飲みするというのは無茶なこと。無事だからよかったものの、一歩間違えば、急性アルコール中毒で死の危険もあります。くれぐれも、飲み過ぎには注意したいものです。

参考記事:South China Morning Post

(リプトン和子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

空港で40度のお酒を一気飲みして搭乗拒否 彼女が泥酔せざるを得なかった驚きの理由とは

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
人が回答しています