8月1~7日は「世界母乳育児週間」。世界各地で母乳育児を推進するイベントが行われていますが、オーストラリアでは、授乳の写真を多数掲載したインスタグラムのアカウントが削除されるという事件がありました。

授乳写真を掲載したインスタグラムのアカウントが削除

アカウントを削除されたのは、写真家のメリッサ・ジャン・ウィルブラハムさん。病院の出産カメラマンとして妊婦や出産、授乳の写真を撮影しており、1万8,000人以上のフォロワーをもつインスタグラムにもそうした写真を掲載していました。

彼女がログインしようとしたところ、「あなたのアカウントは我々の規定に従っていないため削除されました。違反のために削除されたアカウントを復活させることはできません」というインスタグラムからのメッセージが届いていました。その日は世界母乳育児週間の初日だったことから、メディアなどでは、世界各地で母親たちが授乳を行う様子が堂々と報じられていました。そんな中で起きた、なんとも皮肉な出来事だったのです。

しかし、幸いなことに、フォロワーたちの働きかけによって、アカウントは復活。インスタグラム側も、はっきりと間違いだったと認めています。ちなみに、この騒ぎがメディアで大きく取り上げられたこともあり、8月6日現在、フォロワーは約2万8,000人にまで増えました。

ヌード画像を許可しないが、授乳をしている女性の写真は許可

日本語のインスタグラムの基本規定には、

「暴力的、裸体が写っている、部分的に裸体が写っている、差別的、不法的、侵害的、憎悪的、ワイセツ的、性的に露骨な写真もしくはその他のコンテンツを投稿することはできません」

と書かれています。

一方で、ガイドラインには以下のように記載されています。

「芸術的・創造的なヌード画像をシェアしたくなることもあるでしょう。しかし、さまざまな理由から、Instagramではヌード画像を許可していません。それには、性行為や性器、衣服を着けていない臀部のアップの写真、ビデオ、デジタル処理で作成されたコンテンツなどが含まれます。また、女性の乳首の写真も含まれますが、乳房切除術後の瘢痕や授乳をしている女性の写真は許可されます。ヌードの絵画や彫刻の写真も許可されています。」

このように、インスタグラムは授乳の写真を掲載することを明確に認めています。

(リプトン和子)

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています