木原友見の「食いっぱぐれない仕事道の歩み方」第5回

いまから年収400万以上も可能 看護師を未経験から目指す30代女性が増えているワケ

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
いまから年収400万以上も可能 看護師を未経験から目指す30代女性が増えているワケ

売り手市場で高収入「看護師」への転職とは

20代後半になると「今のままで、将来食べていけるのだろうか」と不安になるもの。特に先が見えない現在は「安定」を求めたくなる。そういう流れを反映してか、昨今、看護専門学校には、30歳前後の入学者も増えていて、社会人入試なども盛んに行われている。看護師は常に不足しているので、確実に就職できるし、いったん辞めても再就職が可能だ。新卒の看護師も400万円ほどの年収が期待できるし、しかも、男性たちの「結婚したい職業ナンバーワン」のモテ仕事でもある。こう書くと夢のような職業だが、実際、アラサー世代が専門学校に入学して、看護師を目指すのはどうなのだろうか。看護師の人材派遣を担当していた経験もある人材コンサルタントに実情を訊いてみた。

40代でも売り手市場、収入面も高い水準

Q: 大学を出た後に、看護学校に入学するケースがとても増えていると聞きます。

A: 学生の過半数が大卒者という看護学校も多いですよ。年齢の幅も広がっていて、18歳と35歳が同級生ということもあります。入学希望者が増えているので、入試難易度も高くなっていますね。社会人入試は英語と小論文だけなんですが、高倍率になるので、あえて、一般入試を受験される方もいます。そうなると数学が入ってきますから、中学数学から復習する必要がでてきます。

看護師人気の理由は“食いっぱぐれない国家資格”だからです。今は専門職受難の時代で、歯科医や弁護士は余剰気味で、格差が広がり、ワーキングプア化している層が増えています。今後は薬剤師も余っていくと予想されていて、実際、条件のいい求人が減っています。一方、看護師は今後も不足し続けます。最近の看護師の求人傾向としては、正規職員で40代を求めるものが増えています。子育てが落ち着いた世代にバリバリ働いてもらおうというわけです。事務職だと40歳過ぎての再就職はハードルが高いですが、看護師だと40代でも売り手市場なんです。

収入面も高い水準にあります。正社員女性の平均年収が256万円という厚生労働省のデータがありますが、看護師は20代で平均400万円で、30代だとさらに上がります。そして、なにより、看護学校は3年制で学費が安いというのが魅力ですよ。薬学部なんて6年制ですし、私立だと1,000万円近くかかります。一方で国公立の看護学校は3年間で100万円前後ですからね。

求められる精神的なタフさやコミュニケーション能力は高い

Q: 収入がよくて、売り手市場、と伺うと夢のような仕事に思えますが、一方で、看護師の離職率の高さも指摘されます。厚生労働省によると、資格を持っているのに看護職に就いていない「潜在看護師」の数は推定77万人とのことです。特にいったん社会に出て、アラサー以降の年齢で入っていくのは厳しいようにも感じますが。

A: 看護師っていったんキャリアを積んでしまうと、その後は人間ドックの施設や介護施設での比較的楽な仕事にも就けます。あと、割がいい夜勤専門にしている派遣やアルバイトの看護師も多いですよ。そこにたどりつくまでの新人時代が乗り越えられるかどうか、ですよね。

30歳前後で新人として入ると、年下の先輩から怒鳴りつけられます。医療の現場は女性スタッフが多いので、人間関係も独特です。プラスして、最近は、患者さんやそのご家族への対応も難しくなっています。大学病院の小児病棟の看護師の方はこう話されていました。

「子供の看護はやりがいが見いだしやすい。その反面、家族とのやりとりが大変です。軽い症状で『確実に一週間で退院できます』と説明しても、親御さんがナーバスになってしまって、私たちが他の重篤な子の世話を優先すると、激しくクレームをいってくることも」

昔に比べて看護師の社会的な地位や待遇、福利厚生は改善されていますが、その分求められる精神的なタフさやコミュニケーション能力は高くなっています。

看護学校を目指すなら早めに

Q: 30歳前後で入るとキャリアの積み方はどうなるのでしょう。高卒で大学や看護学校を出た人たちとは違ってくると思いますが。看護学校の選び方などあるのでしょうか。

A: 看護学校の多くは病院の系列です。病院が人員確保のために養成をしているわけです。就職したい病院の系列の学校を選ぶケースが多いようですね。実際にその病院に行ってみて、ここで働きたいと思えるか確認しましょう。アラサーの方は大学病院の系列は避けた方がいいかもしれません。大学病院は勉強会も多くて最新の医療が学べますが、一方で、医師の数が多いので、看護師の仕事が限定されます。点滴や急変の対応などは経験できません。スキルが狭まるんです。

30歳前後から看護師を目指すなら、幅広い技術を身につけることを優先すべきなので、公的な総合病院が最適でしょう。看護学校を抱えている総合病院は、新人教育をするシステムが整っていますし、医者も足りていないので、看護師が幅広い業務をやりますから、スキルアップします。新人採用の年齢制限もどんどん高くなっていますし。ただ、最近、看護学校の閉鎖をして、大学に切り替える傾向が強まっています。大学ともなると就学年数が長くなるし、学費が全然違ってきます。看護学校を目指すなら早めの方がいいでしょう。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

いまから年収400万以上も可能 看護師を未経験から目指す30代女性が増えているワケ

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
人が回答しています