元カレの恋人に“上から目線”になってはダメ! 恋愛で逆恨みされないための3つの対処法

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
元カレの恋人に“上から目線”になってはダメ! 恋愛で逆恨みされないための3つの対処法
恋愛の逆恨みを回避する効果的な対処法3つ

(C)2014Kramer & Sigman Films / El Deseo

恋愛に嫉妬はつきものですが、別れた彼の逆恨みにあったり、恋人の元カノや、元カレの恋人から恨まれたりなんて経験はありませんか?

人間とは、どこで怒りのスイッチが入るかわからないから要注意! というわけで、特に恋愛の恨みを買わないために、気を付けておくべきこと&すでに恨みを買ってしまった時の対処法を考えてみましょう。

1.元カレに恨まれないためには思い切りゲスな女になろう!

アラサーにもなれば男との別離を経験したことはあるでしょう。振ったこともあるのでは? でもその振った男とは、今どのような関係を? もしかしてこっぴどく振ったり、傷つけたりしていませんか?

男と別れるとき、逆恨み男かどうか見極めることは重要です。普段から、人のことを恨んだり、愚痴ったり、執念深かったりする男は危険です。「俺はまだ愛しているのに、絶対に許せない!」みたいになるからです。

映画『人生スイッチ』のエピソードのひとつに振られた男のとんでもない復讐劇があります。舞台は飛行機。とある美女が搭乗しますが、機内の乗客には共通点が。それは全員、美女の元カレの知り合いで、元カレを傷つけた過去があったのです。乗客は美女の元カレの復讐のために集められたという……こんな男につかまったら大変です!

こういう男と別れるときはゲスな女になりましょう。人の悪口を言いまくったり、罵ったり、いつもイライラしてブスっとして「こんな女だったのか」と思わせることが重要です。向こうから呆れてもらえれば無問題。逆恨みされる危険はなくなるはずです。

2.元カレの恋人に恨まれないためには白旗を振ろう!

元カレの結婚式に出席したことありますか? 正直、新婦にとって元カノを招待するなんて常識知らずと思われても仕方ないのですが、この手の無神経男はいっぱいいます。『人生スイッチ』に出てくる新郎は、なんと浮気相手の女を招待したことから結婚式が修羅場と化すのです。

新婦はまず浮気相手にイラつきます。「もしやこの女が」と視線が合ったとき、女は「やだ、バレちゃった」と、新婦を蔑んだ笑顔を見せるのです。ここで恨みのスイッチ、オン! 浮気相手の女は血まみれになるほどの荒っぽい復讐を受けてしまうのです。

映画では浮気相手でしたが、これ元カノでも態度次第で恨まれる危険をはらんでいます。あなたが元カノの場合、今カノには低姿勢が一番です。結果的に彼を振った場合でも、今カノには「あなたに負けたわ」と白旗を振りましょう。間違っても品定めするように見たり「私のお下がりどうぞ」というような上から目線の笑顔を向けたりするのは、今カノの逆鱗に触れるだけ。結婚式でそれをやったら、短気な新婦の場合、お酌をするフリしてあなたのお気に入りのドレスに赤ワインをダボダボ注がれちゃいますよ!

3.今カレに恨まれないためには恥ずかしい姿を見せてしまおう!

逆恨みしがちな人に対しては、できるだけ冷静に対処するのがいちばんいいのですが、場合によっては、泣いて訴えるのもありです。『人生スイッチ』では、浮気相手を招待した新郎は、逆上する新婦をコントロールできずに号泣します。「何が悪かったんだ、どうしたらいいんだ」と。そしてちゃんと愛していることを伝えるのです。カッカしていた暴走新婦は、ここでガラリと態度を変えます。

相手が乱れに乱れているとき、こちらが変に冷静だとかえって逆上されます。「なんでアンタはそんなに落ち着いているのよ、私は本気なのに。キー!」となりがち。こういう場合は男も女もありません。相手も実は本気でかかってきてほしいのです。この映画の新郎のように号泣しながらでも本当の気持ちを訴えるべき。人前だと恥ずかしいけど、そうすれば怒り狂う相手を目覚めさせることができるはずです。

『人生スイッチ』はアルゼンチン・スペインの合作映画だからか、ラテン系の人たちの暴走が凄すぎてもはやギャグですが、ところどころ「あるある感」が感じられるのがミソ。状況によって対応を変えていくことで、変な逆恨みを回避することができる、またはストップさせることができるかもしれませんよ。

人生スイッチ
7月25日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマライズ他 全国順次公開

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

元カレの恋人に“上から目線”になってはダメ! 恋愛で逆恨みされないための3つの対処法

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
人が回答しています