社会学者たちが語る男と女の生きづらさ

水無田気流さん

昨年からにわかにテレビや雑誌などで「男がつらい」「生きづらい男たち」というキーワードを目にするにようになりました。少なからずの女性が苛立ちを感じたと思われますが、筆者もそのひとり。男女格差を測るジェンダーギャップ指数において、日本は世界142カ国中104位(参照:「共同参画」2014年 12月号より)。特に経済、政治面での男女間の不平等が大きいことは明らかなのに、仕事でも家庭でも育児や介護の現場でも「輝く」ことを求められる女性たちの生きづらさといったら! そこにきて「男性だって生きづらい!」と主張されても素直にうなずけない……。

しかし、ここにきて男性の生きづらさについて言及した書籍の出版が相次ぎました。田中俊之著『男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学』(KADOKAWA)と、水無田気流著『「居場所」のない男、「時間」がない女』(日本経済新聞出版社)では、それぞれ男性学、社会学の見地から、女性の生きづらさと表裏一体になった男性の生きづらさが説かれています。今回は、両氏の対談を前後編にわけてお届けします。前編は、「男性はほんとうに生きづらいのか」にクローズアップします。

日中の生活圏が違うから、お互いの生きづらさが見えない

田中俊之さん(以下、田中):男性がつらい、というと「女性のほうが大変」「いやいや、男は女性よりもっと……」という水掛け論に陥りがちですが、その理由については水無田さんの著書に答えがあります。すなわち、男性と女性が時間的、空間的に大きく分離されている。

水無田気流さん(以下、水無田):男性は職場のあるビジネス街に集められていて、女性は郊外のファミリー向け住宅地に押し込められているという問題ですね。

田中
:それゆえ、お互いのつらさを実感として理解しにくいんですよ。そのことを踏まえたうえで、さらにそれぞれの生きづらさは「つながっている」ということを意識してほしいです。

日中会社の外にいる男は不審者扱い

――おふたりの著書に共通して書かれていたもののひとつに、男性の「平日昼間問題」があります。平日の日中、住宅街にいる男性が不審者扱いされる現象です。

田中:フルタイムで働く「まともな男性」なら平日の日中は会社にいるのが当たり前だから、その時間帯に住宅街にいるのはおかしいと思われてしまうのですね。

水無田:私は小学生の子どもの育児中なので、自治体の「安心メール」に登録しています。しょっちゅうお知らせが届くんですが、私の登録自治体を問わず男性が「不審者」扱いされやすいということに気づきまして……。なかには「ここで遊ぶと危ないよ、と注意された」「道を訊かれた」「男が立っていた」というものまで「事案化」されているんですね。児童が触られた、暴力を振るわれたとなるとそれは大問題だし、物騒な世の中なのである程度はしょうがないにしても、「平日の日中にビジネス街にいない男性=不審者」というのはあまりに極端です。都心部でスーツを着て働く以外の働き方って、いま増えているはずなのに。

田中:立っているだけで通報されかねないとなると、それはもう存在の否定ですね(苦笑)。男性は長らく就業第一主義の渦中にいて、いったん就職したら40年後に定年退職するまで働きつづける以外に人生の選択肢がなかった。これって誰もが耐えられるものではないはずだけど、そこに疑問を持つと満員電車に乗れなくなるし、家族を養えなくなる。それほどまでに、男性の多様性というのは否定されつづけてきました。

女性は望んでいない多様化、男性はそれ以前

水無田:一方の女性の生き方は多様化しているといわれますが、その中身は、第一に非正規雇用が増えている、第二に非婚が増えている、という二点に集約されます。これってそもそも女性自身が望んだ変化ではありませんよね。多様化というのは本人が望んで、幸福に結びつくものならば大いに結構ですが、いまの社会を見ると女性の多様化はあまり幸福ではない方向へと向かっています。そして、男性にいたっては残念ながら多様化以前の問題ですね。

田中:これ以上、経済成長が望めないとなると、就業第一主義に乗っかって、さらに上へ! もっともっと上へ!! と働いたところで、男性自身が幸福になれないし、その人とペアになったところで女性も幸せになるとは思えません。にもかかわらず、そこから外れられないでいる男性の悲劇……。

社会学者たちが語る男と女の生きづらさ

田中俊之さん

つらくても「蒸発」さえもできない社会

水無田:私は、男性のプライドについての田中さんの考察を非常に興味深く読みました。いまや男性たちに残っているのは誇りではなく見栄だけである、という指摘ですが、これまで男性のプライドを担保していたものが、どんどん解体されていますよね。つまり、一家の大黒柱としての役割です。特に若年層を中心に男性の賃金水準は低下し、昇給べースも鈍化していますから、専業主婦を食べさせて子どもをふたり育てて、マイホームを買って……という、かつて男性たちに期待されていたインフラを用意できなくなっています。

田中:それなのに、男性はそれ以外の生きる指針みたいなものを与えられていないので、いま戸惑っているのです。高度経済成長期のころから、生きづらさに気づいた男性がふいに蒸発するという現象がありましたが、いまは蒸発しても見つかってしまうんですよ。警視庁のデータを調べると、その年の行方不明者数と発見された数がほぼ同じ。自殺して死体で見つかるケースもあるんですが、社会から外れることすらできなくなっている。いったん枠組みにはまると逃れられない……。それがいま男性が置かれている状況です。

水無田:しかも、男性は自分のつらさを言語化することができないというお話でしたね。そういう訓練を受けていない。

「哀しきモンスター」化する定年退職後の男性

田中:自分の生きづらさに気づけないんですよ。この本だって、「そういう人もいるんだなぁ」と他人事として読む男性が多いでしょうね。それでも、男性向けの市民講座をやっていると10年ほど前までは定年退職者の姿しかなかったのに、いまは30、40代の男性の参加が目立ちます。生きづらさに気づき、このままではマズイと自覚しはじめたのですね。上の世代が「哀しきモンスター」になっているのを見て、危機感もあるのでしょう。

水無田:哀しきモンスター、とは?

田中:子どもの声は騒音だとクレームをつけたり、市民フォーラムで「高齢者にやさしい社会を」と声高に主張する定年退職者たちです。

水無田:彼らは居場所がないから、わざわざ自分の話を聞いてくれる場に威張りに行くんでしょうね。他人と仲良く同じ空間を共有する方法が分からず、文句をつけたり意見を押し通したりという種類のコミュニケーションしか知らないように見えます。

田中:彼らは40年間黙って働きつづけてきて、退職後、やることがないから講座に参加したり近所を散歩したりする。そして、いままで知らなかったことに出会ったり、子どもの声が思いのほか大きいと気づいたりして驚いているんですよ。でも僕は、定年退職者にインタビューするなかで、「いまと昔は違いますよ」とていねいに話すとわかってくれる男性が少なからずいることも知りました。

ひとまとめにして「年寄りの男たちが悪い老害だ」としたところで、すっきりはするかもしれないですけど、社会は変わりません。男の生きづらさが凝縮している彼らにどう助けの手をさしのべ、言葉を届けるかということを、下の世代は男女そろって考えていったほうがいいと思います。彼らは人口が多く選挙で票を持っていますからね。

後編は、就職や結婚といったライフイベントにも大きく影響を与える男女それぞれの生きづらさ、そしてどうすればお互いに生きやすくなるのかについて、引き続きおふたりで対談していただきます。

>>【後編へ続く】「完璧を求める女子」と「ゆるふわに生きたい男子」 社会と現実の埋まらぬミゾの正体とは?


●水無田気流(みなした・きりう)
1970年神奈川県相模原市生まれ。詩人、社会学者。早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。立教大学社会学部兼任講師。詩人として詩集『音速平和』(思潮社)で中原中也賞、『Z境』(思潮社)で晩翠賞を受賞。社会学者として評論『平成幸福論ノート 変容する社会と「安定志向の罠」』(光文社新書、本名・田中理恵子名義)、『無頼化した女達』(亜紀書房)、『シングルマザーの貧困』(光文社新書)等。家族やジェンダーなどに関する論客として、NHK「ニッポンのジレンマ」「日曜討論」、テレビ朝日「朝まで生テレビ!」等の討論番組に多数出演。2013年4月〜2015年3月まで朝日新聞新刊書評委員。2015年春からNHK「News Web」ネットナビゲーターを務める。

●田中俊之(たなか・としゆき)
武蔵大学社会学部助教。1975年生まれ。武蔵大学人文学部社会学科卒業、同大学大学院博士課程単位取得退学。博士(社会学)。学習院大学「身体表彰文化学」プロジェクトPD研究員、武蔵大学・学習院大学・東京女子大学等非常勤講師を経て、2013年より武蔵大学社会学部助教。社会学・男性学・キャリア教育論を主な研究分野とする。2014年度武蔵大学学生授業アンケートによる授業評価ナンバー1教員。男性学の視点から男性の生き方の見直しをすすめ、多様な生き方を可能にする社会を提言する論客としてメディアでも活躍。

三浦ゆえ

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています