天真爛漫な女子になる7つのテク

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
天真爛漫な女子になる7つのテク

天真爛漫な女子になる7つのテク

天真爛漫な女子といえば誰が思い浮かびますか? 私はローラ! その明るさと天然さが誰からも愛される姿は、まさに天真爛漫という言葉がぴったりじゃない ですか!?  というわけで、そんな天真爛漫な女子になるための7つのエクササイズを、「脳を科学する男子脳×女子脳」サイトの監修者・塩田久嗣さんに教 わりました。

【1】 幼いころの愛読書を読み返す
子どもの心を取り戻し、あなたの感覚を天真爛漫だった時代に復帰させます。それによって脳がかつての反応、表現方法を再確認することで、常識を取り払うことにつながります。

【2】 意識している相手へのメールはできるだけ赤裸々に
気になる相手には、無意識にすましたり気取ったりしがちですが、あえて気恥ずかしい内容を送りましょう。感情にフタをしない訓練となり、ストレートな感情表現を促進します。

【3】 カラオケではウケ狙いの選曲をする
懐メロやアニメソングなど周りが笑ってしまう曲を、ノリノリの大声で歌ってください。テンションを上げることを脳が記憶し、行動が大胆になっていきます。

【4】 目上の人に親しみやすいニックネームをつけてみる
上司や先輩などに対して、堅苦しい枠を取り外すことを脳が覚えていきます。あなたの言動の自由度を広げ、気さくに振る舞うことが当たり前になっていくでしょう。

【5】 職場の苦手な人に自分から声をかけてみる
初めはあいさつから、次にランチに誘ってください。脳の抵抗値を下げ、誰にでも同じようにコミュニケーションできる力をつけます。実際にランチに同席できなくてもOKです。

【6】 テレビ番組で疑問に思ったらすぐにそれを声に出してみる。
脳の感情表現の瞬発力を鍛えます。感情を出すことに抵抗がなくなり、素直に思っていることを言えるようになるでしょう。慣れると自然と天真爛漫に振る舞えるようになります。

【7】 外出前と就寝前に鏡の前で表情をチェックする
ただ眺めるだけでなく、いろんな表情をすることが重要。おどけた顔は特に大切です。自分の感情表現のバリエーションを自覚しましょう。表情筋をほぐすことで、脳が豊かな表現を再確認し、スムーズに再現できるようにもなります。

「テレビを見ながら声を出す」って、すでにやっている女子多そう! あれが天真爛漫力UPにつながっていたなんて…! そう考えると、意外と簡単な のかも。日常生活で実践することで、少しずつ「愛され脳」に変わっていくのを実感できるそうですから、自分がやりやすいものからはじめてみてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

天真爛漫な女子になる7つのテク

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。