教えて! ブルボンヌ先生 「ワガママと自由の境界線」 第14回 いい男がいない

「ロクでもない男って言ってるあなたがロクでもない女」 売れ残りを自覚しない婚活女の人生相談 vol.14

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「ロクでもない男って言ってるあなたがロクでもない女」 売れ残りを自覚しない婚活女の人生相談 vol.14

見合い相手に説教をする婚活女の相談

第14回 「いい男がいない」
婚活5年目です。ここ1、2年はお見合いを繰り返していますが、ロクな男に出会いません。先日は、相手男性のあまりの常識のなさに、デート中に説教をしてしまいました。もちろん破談です。私は、礼儀は大切だと教えられ、冠婚葬祭、季節のご挨拶も欠かしません。親からは適当なところで手を打てと言われますが、せめて普通の人と結婚したい。私はワガママでしょうか。(36歳・公務員)

    「売れ残り」を自覚しない恩知らずな女ね

うーん。アタシ、割といい人ぶりたいほうなんだけど、あなたには、女に厳しい2丁目のいけずな女装ママノリを全開にしたくなってきたわ……。ヒヒヒ。

あなたは「お見合い」結果の現状に納得できてないってことよね。でも基本的に、マッチングってお互い様。あなた視点だと、あなたというお姫様のために次々とお相手が登場して、ふさわしいかどうか見極めてるように見えてるかもしれないけど、そうじゃねえから。

すっかり自由恋愛からの結婚が主流になった現代社会の中で、それではくっつけなかったか、くっつかなかった人たち同士を、うまく組み合わせようとしてる中の1人にすぎないんだから。そして旧来型のお見合い界の価値基準の中では、36歳・婚活5年目のあなたは、売れ残り商品の棚にどんどん回されてるんだよ。

それがマッチングのたびに「こんな相手は私にふさわしくありません! 却下!」ってやってんだから、周囲の善意のお声がけでのお見合いなら、すでに恩知らずなタマよ。まあ、結婚相談所で繰り返してるんだったら、マッチング料金を延々払ってくれる良いお客様扱いだろうから、それはそれで局所的な経済には貢献してるんだけどね。

    「ご挨拶」を重んじるって、親戚のババアか!

もはやあなたは、システムから、あなた基準における“常識知らずのロクでもない男”が「相応」だとマッチングされる立ち位置にいるんだと自覚しないと。そんな判断基準のマッチングシステムはおかしい!って思うんなら、もう一度実力で掴み取るフリー恋愛の狩場に戻るしかないんだからね。それは、ますます弱肉強食なサバンナだよ。

だいたい、ロクでもない男への怒りを表現するのに、「私は、冠婚葬祭、季節のご挨拶も欠かしません」って、何なのよそのとんちんかんな自己アピールは。そんな口うるさい親戚のババアみたいな寝言を「自分の良いところ」だとどや顔で言っちゃってる点で、あなたもたいがい、ロクな女じゃない感が伝わってくるもん。

あなたの厄介さに薄々感づいてるであろう親御さんが、それでも愛する娘に幸せになって欲しくて、「身の程を知っておくれ……」って言葉を「適当なところで手を打ちな……」って優しく翻訳してくれてんのよ。本当にあんたが他人から見ても上質な存在だと思ってたら「安売りするんじゃないよ」とか「ちゃんと相応しい相手を見極めるんだよ」って言ってくれるわよ。すでに親御さんにも「この子、自分につけた値札間違えてる」「高望みしてる」って思われちゃってんだから。それでも親御さんにとってはあなたは素晴らしい宝物なんだから、その優しさに感謝してっ。

    問題点を見失って、年増の愚痴女になるだけよ

それでもお見合いで相手を見つけたいというあなたがすべきなのは、「他人と自分の組み合わせ」というパートナーの意味を理解すること。大人の人間同士が求め合い支え合う相応の相手、なのであって、少女マンガや恋愛ゲームのようなあなたが好きなように条件出して選べるキャラじゃないんだからね。あなたに相応の現段階の結果が、「今まで見つからず、あてがわれるのもロクでもない」という現実を思い知らないと。

その理想と現実のズレを埋めるのは、「もう宝くじに当たるような幸運なご縁でもない限り、おひとり様で生きるしかないわな!」って覚悟だったり、「金にもの言わせるとか、すごい変態プレイに対応するとか、スピリチュアルに追い込むテクを習得するとか、強烈なアピールポイントで相応さを生み出してやるわ」って戦略だったり、「身の程を思い知って、こんな私でもいいって殿方なら、文句言わないわ」って妥協だったり、なのよ。

今のままじゃあなたは、何が問題かも見えないままに、ひたすらお見合い料金を払って、歳だけとっていく愚痴女になっちゃうわよ。んで新宿2丁目でオカマに説教されて「何よアタシだって辛いのよー!」って半泣きで泥酔する女とかになっちゃったりしてね。まあそしたら、笑顔で「あらまた来たわねブス~!」くらい言って飲み代巻き上げますけどね!(ひどい)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「ロクでもない男って言ってるあなたがロクでもない女」 売れ残りを自覚しない婚活女の人生相談 vol.14

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
人が回答しています