寝る前に熱いお風呂に入るのはNG! 睡眠のプロに聞く、眠りの質を高める生活習慣

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
寝る前に熱いお風呂に入るのはNG! 睡眠のプロに聞く、眠りの質を高める生活習慣

専門家に聞く、質の高い睡眠の生活習慣

湿度も気温も上がり、寝苦しくなる季節がやってきました。クーラーや扇風機をつけたまま寝ると翌朝だるいものですし、何もつけずに寝ると、暑いわ、蒸れるわで朝4時くらいにうんざりと目が覚め、空がもう明るくなりかけている中、浅い二度寝をする……。これでは疲れが取れません。

夜、熱いお風呂に入るのは快適な眠りを妨げる

「7時間が睡眠時間の基準とも言われていますが、数字よりも、日中眠くならないか、という眠りの質に注目してほしいですね」

こう話すのは、錦織圭選手や浅田真央さんのCMでもおなじみの「エアウィーヴ」東急ハンズ新宿店5Fのスリープカウンセラー勝又店長。

ほかにも、「起きる時間、眠る時間がバラバラ」「眠る直前までスマートフォンやパソコンを見ている」「眠る3時間前に何か食べてしまう」「夜にカフェインの入った飲み物を飲む」「熱いお風呂に夜入る」なども快適な眠りを妨げる生活習慣なのだそう。身に覚えのありすぎる人も多いのでは?

また、勝又さんによると「起きたらすぐに朝日を浴びる」ことも、快適な目覚めと、夜快適な眠りにつくために大切なことなのだそう。これなら明日からすぐ始められますね。朝起きたらスマホを見ずに、まずカーテンを開けましょう。

専門家に聞く、質の高い睡眠の生活習慣

スリープカウンセラー勝又さん

浮いているような寝心地が味わえる寝具

快適な眠りのためには、寝具にもこだわりたいところです。

「ベッドが老朽化すると、真ん中の部分が沈んでしまうケースがよくあるんです。これでは腰に非常に負担がかかってしまいます」(勝又さん)

自宅のベッドは大丈夫でしょうか? ベッドに問題がなければマットレスにもこだわってみましょう。エアウィーヴはベッドマットや、敷布団の上に敷いて使うマットレスですが、その特徴は寝転がると思わず笑ってしまうような「浮いているような寝心地」に尽きます。

「体は眠っている間も、肩や背中などに勝手に力が入ってしまいがちなんです。エアウィーヴは体圧を分散する機能があり、体の力みを取って眠っている間の血行をよくしてくれるんですよ。それまで寝覚めがいまひとつだったお客様が、スッキリ眠れるようになり、朝活をはじめられたケースもありました」(勝又さん)

朝はだるいものだという人は、睡眠の質を疑ってみたほうがよさそうです。

専門家に聞く、質の高い睡眠の生活習慣

通気性がありムレず、丸洗いもOK

エアウィーヴのマットレスの表面は夏用のさらさらとした素材になっており、通気性がありムレません。また、反対側の表面は起毛仕立ての冬用になっているため、1枚で1年中使えます。シートやエアウィーヴ本体が丸洗いOKと、お手入れ簡単なのもうれしいですね。

なお、この寝心地は実際体感してみるのが一番です。お店のほか、エアウィーヴのホームページからは全国のエアウィーヴを体験できるホテルが紹介されています。寝具で一気に健康生活になってみては?

エアウィーヴ

(編集部)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

寝る前に熱いお風呂に入るのはNG! 睡眠のプロに聞く、眠りの質を高める生活習慣

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
人が回答しています
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。