結婚式当日に離婚を考える人が半数以上! 驚くべきイギリスの調査結果が明らかに

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
結婚式当日に離婚を考える人が半数以上! 驚くべきイギリスの調査結果が明らかに

結婚式当日に離婚を考える人は半数

イギリスで離婚したカップルの半分以上が、結婚式当日に「離婚」をすでに予感していたという。またその65%以上もの人が、教会での祭壇で誓いの言葉を交わす際、「NO」と言ってしまおうかとまで考えたというのだ。

結婚は上手く行かないという本能的な気づきがあった

これはイギリスで弁護士事務所「Slater and Gordon」が1,604人の離婚者を対象にした調査でわかった。

この調査を受けた人の中には、結婚式に高額な費用をかけたことや、家族からのプレッシャー、そして「もしかしたら、この結婚はうまくいかないのかもしれない」という考えに押しつぶされそうになったという。

結婚式当日にすでに疑問を持っていながも結婚を中止をしなかったのは「ここで中止すると相手がかわいそうだから」「式が終われば相手も少しは変わるだろう」等々の思いがあったからだという。

調査をした弁護士事務所の弁護士Amanda McAlister氏はこの調査結果についてこう語っている。

「おどろくべきことに、 結婚式当日にすでに離婚を考えている人が少なくないということがわかりました。結婚式当日はなんとかポジティブに持ちこたえることができるようなんですが、その後は時間とともに気持ちが冷めてしまうようです。また私たちの顧客の中には『私たちの結婚は上手く行かないという本能的な気づきがあったのに、その疑いに耳をかそうとしなかったことに後悔している』という人もいたほどです。私がアドバイスできることは結婚前によく考えてくださいということ。そして、結婚に何を求めるかをはっきりさせることです」

希望と確信をもって結婚式したカップルも42%は離婚

実は多くのカップルが結婚式当日に離婚を考えてしまっている一方、希望と確信をもって結婚式当日を過ごすカップルもいる。ところが、そんなカップルであっても42%は離婚するという結果だ。

最終的に離婚という選択をしてしまったカップルでも、その半分のカップルは「残念な結果だけれども、結婚をしたことは後悔していない」とのコメントを残しているそうだ。

なお、結婚後に離婚してしまったカップルが、結婚式当日に考えていたことの一例を挙げておく。以下のような考えが結婚式当日に浮かびそうな人は、いますぐ結婚を考え直した方がよいのかもしれない。

・なんとか無事に終わって欲しいとばかり考えてしまった
・もう引き返すには遅すぎると感じた
・「結婚」に疑問を感じてしまうのは、結婚式の緊張やストレスのせいだと思うようにしていた
・結婚式をキャンセルするのに、とてつもない罪悪感を抱いた
・家族からのプレッシャーを感じた
・結婚相手が結婚式後には変わると信じた
・結婚式に膨大な金額をかけてしまったと思った
・子供がいるから結婚をしなければいけないのだと思った

参考記事:STYLIST

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

結婚式当日に離婚を考える人が半数以上! 驚くべきイギリスの調査結果が明らかに

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
人が回答しています
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。