小室友里の心をひらく性のコミュニケーション講座 第3回 避妊の大切さ

彼がコンドームを着けてくれない問題は時代遅れ! 元AV女優・小室友里が説く「低用量ピル」のすすめ

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
彼がコンドームを着けてくれない問題は時代遅れ! 元AV女優・小室友里が説く「低用量ピル」のすすめ

女性が身を守るための「低用量ピル」

様々な性のお悩みを伺っていますが、「イケない」「セクシービデオのようなプレイはするべき?」に次いで多い質問がコレです。

「彼がコンドームを着けてくれない」

コンドーム未装着のままセックスを続けてしまう2大巨塔の理由、ひとつがこれです。

「盛り上がっている雰囲気が壊れるのがイヤで言えない」

セックスは2人のヒミツ空間を味わう行為でもあります。その土台、タルトで言えばサクサクのパートシュクレ(タルト生地)ともなる「雰囲気」が壊れることをイヤがる傾向があるのも、非常に理解できる心理です。リンゴやイチゴやさくらんぼがたっぷり乗ったタルトの果実部も美味しいけど、やっぱりパートシュクレがその美味しさを引き出しているのは、誰もが知っていることです。

ではなぜパートシュクレが壊れると思い、それをイヤがらなければならないのでしょうか。

セックスの主導権はまだまだ男性が握っている

その飛び交う訳は

「彼が『ナマじゃないと自分がイケない、気持ちよくない』と、着けてもらえない」

からです。

つまりこれは、セックスの主導権はまだまだ男性が握っているという裏返しの証明にもなります。セックスの意味を「心の交わり、愛情の確認」に求める女性と、「快楽の象徴、支配欲の満足」に求める男性との性差とも言えるでしょう。

悲しいことですが、「セックス=妊娠」を実感している男性が、これだけセックス情報が氾濫している今も、それほど多くはないことも表しています。

女性が自分の子供を妊娠した。その事実は、一度は男性を背水の陣へと追いやります。自分のやりたいことを選ぶか、責任という名目で結婚するか。結婚を前提に付き合っていない男性には、どちらを選んでも「何かが自由にならなくなる」感覚に苛まれるでしょうし、結婚前提の男性であっても「このタイミングで!?」と感じる時もあるでしょう。

ほどほどの年齢になれば、デキ婚した、あるいは中絶した話のひとつやふたつ、男性の間にも飛び交います。避妊せずにセックスすれば、妊娠するかもしれない事実は他人事ではないとわかっていながらも、避妊のためにコンドームを着けたくないと拒否してしまう男性。それは前出の通り、男性にとってセックスが快楽の象徴だからなのです。

望まない妊娠をしないために避妊は絶対に必要

とはいえ、皆さんもよくご存知のように、望まない妊娠で苦しい思いをするのは女性です。若いころはややもすると、重たい荷物を降ろしたくらいの軽い気持ちで中絶を選ぶかもしれません。しかし、中絶の本当の重さを認識するのは30代や特に40代、親の介護や、自分以外の命の存在意義を考え出す年齢になった時です。どんな理由であれ、中絶を選んだことを多かれ少なかれ後悔するのではないでしょうか。

そして、お腹に宿った小さな命のこと。

望まない妊娠で、望まれないままこの世に出てきた子供でも、生まれてきたことがすでに幸せなんだという考えに、私は違和感を覚えてしまいます。出産し、親の身体から離れた瞬間、血や思いは繋がっていたとしても個体的には他人です。その時に何が2つの個体をより強い絆で結んでくれるか。それは

「その子がいかに望まれて生まれてきたか」
「その子が生まれてきてくれたことで、親にどれだけ幸せを与えてくれるか」

だと考えます。その子が幸せになるためには、まず親が幸せにならなくてはならない。ですから、生まれてくる子供のためにも、親になる2人はもとより、おじいちゃんおばあちゃん、親戚、親やおじいちゃんおばあちゃんの友達、たくさんの人を幸せにできる子供として生まれてきてほしいと思うのです。

だからこそ、望まない妊娠をしないために避妊は絶対に必要なのです。

低用量ピルの服用がお勧め

話を戻しましょう。

彼がコンドームを着けてくれない問題は、もう時代遅れです。コンドームを着けてくれない男性が多いのに、着けてもらう算段をするだけ徒労に終わります。だったら着けてくれないことを前提にした対応をしましょう。

私は低用量ピルの服用をお勧めします。毎日きちんと飲まなければならないこと、婦人科にかかる時間と費用の負担はありますが、女性にとって婦人科にかかることのデメリットはゼロ、むしろメリットだらけです。通い慣れた婦人科さんほど、安心できるところはありません。

そして、婦人科にかかる費用を彼にも負担してもらいましょう。当然です。タダでゴムなしセックスができると思うな! と言い切るくらい、強気で請求しましょう(笑)。

1か月のコンドーム代と、コンドームのメリットデメリット、そして低用量ピル服用にかかる1か月の費用と、ピルを飲むことで受けるメリットデメリット。これらを紙に書いて彼に見せてください。

「私とセックスするなら、あなたはどっちがいい?」

これだけの材料を用意して、コンドームは着けたくない、お金も払いたくないというのであれば、その男性との将来は見えたも同然です。恋愛を終わらせるのに、何の躊躇も要りません。

男性の素質を見抜くのも、女性が自分自身を守るひとつの術でもあります。

(小室友里)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

彼がコンドームを着けてくれない問題は時代遅れ! 元AV女優・小室友里が説く「低用量ピル」のすすめ

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
人が回答しています