「同性婚の子どもだけど、なんか質問ある?」 2人の父親に育てられた青年のQ&Aが話題

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「同性婚の子どもだけど、なんか質問ある?」 2人の父親に育てられた青年のQ&Aが話題

同性婚カップルの子どもは不幸?

アイルランドで先月23日、世界で初めて国民投票によって同性婚が合法となった。日本でもタレント・一ノ瀬文香さんと女優・杉森茜さんが婚姻届の受理に向けて様々な活動をしており、世界的に見ても同性婚についての考えがいよいよ変わろうとしている。

    同性婚反対派の一部は「子どもが可哀想」という意見

しかし、日本においてはまだまだ同性婚についての理解も法整備も充分ではなく、反対派からは、「同性婚が認められたとしてもその子どもは、養子となって両方、もしくは片方しか血のつながっていない両親に育てられるから可哀想」「同性愛の親を持てば変な目で見られ、学校でいじめられる要因になる」といった意見を耳にする。

同性婚カップルの子どもに対して他人が事前に「不幸」のレッテルを貼り、短絡的に同性婚を否定する理由としているのだ。

    「同性婚の子どもだけど、なんか質問ある?」 という掲示板が話題に

アメリカのソーシャルニュースサイトredditにある、質問をしたり質問に答えたりするスレッド「/r/IAmA」と「/r/AMA」を翻訳して紹介しているブログ「Ask Me Anything!!!」(2ちゃんねるで言う「~だけどなんか質問ある?」)で5月16日、「【父2人】同性婚の子どもだけど、なんか質問ある?【子2人】」というスレッド(AMA)がアップされ、話題になっている。

    健全な恋愛関係を2人の父親から学んだ

そのスレッドは、アメリカで同性婚の両親に育てられた青年によるもの。片方は生物学上の父親で、自身はストレート(異性愛者)で既婚者であるという。

そこには、同じ境遇のユーザーからの質問も寄せられており、健全な恋愛関係を2人の父親から学んだこと、「学校や友人関係、そして何より友人の親との間で起こりうる問題を子どもとしっかり話し合ってほしい」という、子どもを育てようとしている同性カップルへのアドバイスなどが綴られている。

そして「もし母親と父親に育てられていても、今の君と同じ人間に育ったと思う? それとも人生の見方が違っていたと思う?」という質問には、「俺に言えるのは、俺が知ってる人たちと彼らのストレートの両親たちとの関係よりも、俺とうちの両親との関係のほうがずっと愛情深かっただけだよ。」と自信を持って答えている。

    家庭には良いケースも悪いケースも存在するしそれとセクシュアリティは関係ない

このスレッドを見た人からは、

・異性だろうと同性だろうと、その家庭にも子供にも多様性があるわけで、子供の幸せについて他人が干渉し判断する筋合いはないということ。家庭には良いケースも悪いケースも存在するしそれとセクシュアリティは関係ない
・こういう話は遠慮せずもっとオープンに話してほしい
・他人と自分を比較するという行為自体、彼にとっては意味のないものなんだろう
・男だろうと女だろうと血がつながっていようとなかろうと、とても愛情がある家庭で育ったことが彼の誇りだと感じられる

といったコメントが書き込まれた。

たとえ両親が男女であっても、愛情を持って育てられる子どももいれば、そうでない子どももいる。同性愛者の両親に育てられることは「好奇な目で見られるので子どもが可哀想」という意見を言う人は、それこそが偏見に満ちた好奇な目であることに気付くべきではないだろうか。

参考記事:Ask Me Anything!!!

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「同性婚の子どもだけど、なんか質問ある?」 2人の父親に育てられた青年のQ&Aが話題

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング