重要なのは「おっぱいの大きさ」じゃなかった! 男性が結婚相手に求める理想のカラダとは?

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
重要なのは「おっぱいの大きさ」じゃなかった! 男性が結婚相手に求める理想のカラダとは?

結婚には胸の大きさよりも知性が大事

いつの時代でも女性にとっての永遠のテーマは「胸の大きさ」です。

    「巨乳vs貧乳」は男性が作り出したい構図?

5月25日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系列)では、「巨乳は損か得か」をテーマに、フリーアナウンサーの竹中知華と古瀬絵理、タレントの足立梨花が激論を交わしたことが話題となりました。

TV側が「巨乳VS貧乳」という女性同士の闘いを演出し、ほとんどが性的な議論になっていた点や、「男性はみな巨乳が好き」という考えが前提となって進行する番組内容には、嫌な気持ちになった女性も多かったのではないでしょうか。

また出演者たちが、それぞれの胸について悩んだり、互いを羨ましがったりする理由として番組で発表されたエピソードのほとんどが、男性から今まで言われたりされたりしてきた辛い体験だったのも、女性は男性を通しての「胸の悩み」を多く抱えているのだと思わされました。

    脳科学的には男性は女性に胸の大きさを求めていない

一方、進化生物学のデイビッド・ベインブリッジ氏やケンブリッジ大学の教授など一流の脳科学者は、男性は未来の奥さんを探す際、女性の胸の大きさや脚の長さよりも「知性」を求めているのだと言います。

これは、その女性が知性のある親から育ったこと、また幼少時代に親身に面倒を見られたということを男性が脳で認識するため、その女性も責任感が強い良い母親になるだろうと予想されるためなんだそう。つまり、良い母親になりそうかどうかでその人の知性を認識し、パートナー選びの最重要ポイントとして捉えているということです。

    長い脚も求めてはいない

さらに大きな胸を求めない理由として、男性は女性の対称性のある特徴に惹かれるようにできていると言います。大きいが故に形が崩れやすい胸は、左右不対称になりやすいため、大事なことは胸の大きさではないと主張します。

同様のことが脚の長さについても言え、長さではなく、真っ直ぐで均整のとれた状態であるかが重要なのだと言います。健康的で安定した遺伝子を見て取るのは、大きな胸でも長い脚でもないのだとベインブリッジ氏は主張しました。

もちろん、どんな大きさであれ自分の胸を男性を通してではなく、自分自身が好きになることはとても大切です。そしてベインブリッジ氏の主張は、結局、外見の自分磨きではなく、知識を身に着けたり内面を磨くことの方が素敵なパートナーとの結婚に近づきやすいのだ、と前向きに考えさせてくれるものではないでしょうか。

参考記事:Daily Mail

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

重要なのは「おっぱいの大きさ」じゃなかった! 男性が結婚相手に求める理想のカラダとは?

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
人が回答しています