日焼け対策とメイクを一気に時短! すぐに外出できる、便利なCCクリームを試してみた

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
日焼け対策とメイクを一気に時短! すぐに外出できる、便利なCCクリームを試してみた
<p style="text-align: center;"></p>

左・CCクリームを塗っているところ、右・CCクリームの後、CCパウダーを重ね、自然な仕上がりに

筆者がこの世で一番嫌いなもののうちの一つが紫外線。日差しの強い季節は露出している皮膚全てに日焼け止めクリームを塗り、その上にUVカット下地とファンデを塗り、さらにUVカットのパウダー。そして、サングラスを着用、日傘をさすという生活を、もう10年近く送っています。外出するために日焼け対策を完璧にせねばならないので、その行程がめんどうな日もあり、「日焼け対策がだるいから今日は外出をやめよう」と思って引きこもってしまう日もあるんです。だから夏が嫌いです。

筆者のように日焼けはしたくないけど、日焼け対策やメイクの時間を短縮したいという方に朗報。リンメルのCCクリーム エアリーフィニッシュとCC パウダーエアリーフィニッシュは、これだけで日焼け対策バッチリな上、さまざまな機能がついているということ。さっそく試してみました。

5つの行程を一気にジャンプ

まずは、化粧水で肌を整えてから、CCクリーム エアリーフィニッシュをつけてみます。なんとこちら、これ1本で美容液、乳液、日焼け止め、ファンデーション、化粧下地、高保湿。毛穴・くすみカバー、肌色補正、ハリ感、テカリ防止という、10個の性能を持っているんです。普段なら、化粧水→乳液→日焼け止め→下地→ファンデーションという行程を踏んでいるところですが、この行程を一気にジャンプ! 手の甲に出してみると、サラッとした軽い感覚で、日焼け止めクリーム独特の臭いやキシキシ感もありません。それなのにSPF50+・PA++++という、申し分ない数値です。

くすみと毛穴が目立つアラサーの肌に塗ってみます。ほお骨、鼻、おでこ、あごに置き、薄く伸ばしていくと、するっと気持ち良く伸び、まるで美容液でも塗っているかのような感覚です。それもそのはず、このCCクリームにはヒアルロン酸やコラーゲンといった全7種類の美容液成分が配合されているのです。夏と言えど、エアコンで肌は非常に乾燥します。夏の肌の乾燥に悩まされていた筆者にとって、この美容液成分は大変うれしい効果を期待できそうです。

UV対策とメイクが一気に完了する秘密

しっとりしながら、さらっとした仕上がり

続いて、CC パウダーエアリーフィニッシュをつけます。これは、仕上げ用パウダー、化粧直し、UVカット、保護、保湿感キープ、毛穴・くすみカバー、肌色補正、テカリ・ヨレ防止という8個の機能がついています。夏は汗で化粧が崩れてしまいやすいので、化粧直しの回数が増えますが、このパウダーを使えば崩れにくくなるかもしれません。また、パウダーというと粉っぽいイメージですが、こちらも美容液成分が配合されているのでしっとりした仕上がりになります。パフでとんとんと軽くはたいていくと、つける前よりも肌のキメが細かくなったように思えました。

肌はこれで完成。しっとりとさらっと感が調和した仕上がりで、肌の色に統一感が出ました。

ちょっとしたお出かけにもすぐ塗れる

アイメイクやチーク、リップなどフルメイクをほどこすと、どこからどう見てもきちんとメイクに見えます。しかし、かかった時間は普段の半分ほど。普段よりも短時間でここまでベースメイクがしっかりと仕上がるのには驚きです。

翌日、とても暑くてアイスが食べたくなったのですが、コンビニまでの徒歩3分の道のりの間に焼けてしまうし、化粧もしなくては……と思い、買いに行くべきか悩みました。しかし、そんなときにこのCCクリーム エアリーフィニッシュの出番だと気付き、パパッと1分ほどで塗ってから無事アイスを買いに行けました。いや〜、本当に便利です! この夏は、リンメルCCクリーム エアリーフィニッシュとCC パウダーエアリーフィニッシュのお世話になれば、ちょっとした外出も難なくこなせそうです。

UV対策とメイクが一気に完了する秘密

リンメル CC クリーム エアリーフィニッシュ
リンメル CC パウダー エアリーフィニッシュ

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

日焼け対策とメイクを一気に時短! すぐに外出できる、便利なCCクリームを試してみた

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング