ブルーボトルの次はコレ! 日本初上陸、1963年創業老舗カフェ「コーヒービーン&ティーリーフ」に行ってきた

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
ブルーボトルの次はコレ! 日本初上陸、1963年創業老舗カフェ「コーヒービーン&ティーリーフ」に行ってきた
コーヒービーン&ティーリーフに行ってきた

マフィンとベリーのアイスティー

米・LA発信のカフェブランド「コーヒービーン&ティーリーフ」が日本橋に2015年5月26日にオープン! 1963年創業という歴史あるカフェブランドで、ハリウッドセレブご用達と評判! 世界25か国982店舗あるこちらのカフェですが、この日本橋店は日本初出店の店舗です!

日本では鳥取県に初のスターバックスがオープンして話題になったり、ブルーボトルコーヒーに長蛇の列ができたり、カフェ文化が発展中。というわけで、コーヒーブームを盛り上げるカフェになるのでは、と行ってまいりました。

コーヒーと紅茶のメニューの多さに驚き!

東京メトロ日本橋駅B9出口からすぐの場所にある「コーヒービーン&ティーリーフ」。インテリアは落ち着いた大人カフェといった様子。驚くべきはメニューの多さです! これまでのカフェはコーヒーが主力で、紅茶はコーヒーが苦手な人のためのメニューというイメージでしたが、こちらはコーヒーと同じくらい紅茶も主力です。

コーヒービーン&ティーリーフに行ってきた

落ち着いた雰囲気の店内

コーヒーはホットで、紅茶は本日の紅茶をアイスティーでいただきましたが、いずれも美味。コーヒーは深みがありコクもあります。ブラックで飲んでもいいけど、ミルクを入れると苦味を残しつつ、まろやかな味に変化します(契約農園の最高級のアラビカ種100%のコーヒー豆を使用)。紅茶はベリーのアイスティーをいただきました。酸味がありサッパリとした飲み口で、これからの季節にピッタリ! 食事にも合いそうです(紅茶も契約農家からの厳選茶葉を使用)。

コーヒービーン&ティーリーフに行ってきた

本日のコーヒー

本日のコーヒー(320円~)以外にもエスプレッソベースのコーヒー(ラテ系)が10種類、コーヒーベースのアイスコーヒーメニューが7種類、紅茶(380円~)はフレーバーティー、ブラックティー、ハーブティー、グリーンティー、チャイニーズティーと15種類、日本オリジナルメニューの抹茶カプチーノなど多彩です。もちろんトッピングなどアレンジも可能。これなら紅茶派も行きたくなりますね!

フードメニューも豊富でなおかつ美味!

「コーヒービーン&ティーリーフ」はフードメニューにも力を入れているようです。食事メニューというより軽食ですね。小腹がすいたときに食べたいメニューです。キッシュ3種類(各430円)、マフィン3種類(各290円)をいただきましたが、いずれも本格的。キッシュは野菜、チキン&きのこ、カニ、それぞれ具がたっぷりです。マフィンも大きくてそれぞれにチョコやベリーがザクザク入っていましたよ。

コーヒービーン&ティーリーフに行ってきた

3種のキッシュ

ほかスコーン、ドーナツ、ケーキ、タルト類にサンドウイッチもありますから、ドリンクだけでなくフードメニューでも迷ってしまいそうです。

コーヒービーン&ティーリーフに行ってきた

サンドイッチ、ケーキ、タルトも豊富

すでに世界中に店舗のある「コーヒービーン&ティーリーフ」

世界中に店舗がある「コーヒービーン&ティーリーフ」。契約農家のコーヒー豆や茶葉など原料へのこだわり、厳密な品質管理が、本格的な味の秘密かも。世界で続々店舗を増やしていく人気もうなずけます。

コーヒービーン&ティーリーフに行ってきた

モカアイスブレンディッド

オープン初日は長蛇の列! ツイッターでも「アイスブレンディッドが激ウマ!」という声多数。実は私も「モカ アイスブレンディッド」(460円~)を頂きましたが、クリームとモカのコラボ味がたまらなく美味しくて一気に飲んでしまいました!

日本橋に続き、2号店が2015年5月30日「イオンレイクタウンKaze」内にオープン。この勢いで店舗がどんどん増えそうですよ。

コーヒービーン&ティーリーフに行ってきた

コーヒービーン&ティーリーフ 日本橋一丁目店
住所:東京都中央区日本橋一丁目3番13号 東京建物日本橋ビル1F
営業時間:7:00~22:00(日祝 8:00~21:00)
店休日:年中無休
アクセス:日本橋駅 B9出口直結

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ブルーボトルの次はコレ! 日本初上陸、1963年創業老舗カフェ「コーヒービーン&ティーリーフ」に行ってきた

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
人が回答しています
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。