小室友里の心をひらく性のコミュニケーション講座 第1回 セックスの重要性

セックスは醜い部分をさらけ出して受け入れること 小室友里が説く、性のコミュニケーション

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
セックスは醜い部分をさらけ出して受け入れること 小室友里が説く、性のコミュニケーション

絆を深めるセックス・コミュニケーション

元AV女優で、現在はライターとして雑誌や新聞にコラムの執筆のほか、心理カウンセラーの資格を活かし、性の悩みを解消するセクシャルカウンセラーとしても活躍中の小室友里が、あなたの心をひらく性のコミュニケーションについて教えます。

    本能と本能を繋いだ線が濃密に絡み合い続ける星座表

いきなりですが質問です。セックスって何だと思いますか? 私はこう思います。

「セックスは、お互いを知るためのコミュニケーション」

・一緒にご飯を食べたら、食べ物の好みが近かった。
・映画を観たら結構涙もろい人だった。
・カラオケに行ったらやたら歌が上手く、実はバンドのボーカルだった。

様々な形でコミュニケーションを取り続けて、私たちはお互いのことを理解していきます。これは恋人同士に限ったことではなく、友達同士も同じです。親子だってそうです。知っているようで知らないことは夜の空に浮く星の数ほどあり、散り散りになった星と星を線で繋ぎ、2人だけの星座表を作り上げていくような作業。それがお互いを知ることだと思っています。

セックスも然り。

ただ、セックスのそれが友達や親子の星座表と違うのは、人として生まれ持った本能と本能を繋いだ線が動物的に強く、その後も濃密に絡み合い続ける星座表を作り出すことです。「その後も濃密に絡み合う関係」なんて言うと、仰々しくて重たいものに感じてしまうかもしれませんね。

例えば、残念ながら縁がなく別れた彼を、ふとした時に「どうしているかな……」と思い出させる『勝手に脳内リフレイン機能』が追加されたようなものです。気楽に考えてもらえればいいと思います。

    誰にも見せない醜い部分をさらけ出し、それを受け入れる

さて、話を戻しましょう。セックスはお互いを知るためのコミュニケーションです。前出の例えを置き換えるとこうなります。

・遊び人だと思っていた彼が、案外ノーマルテクニックだった。
・「俺、結構ヤレるよ」と言っていたのは、実は遅漏のことだった。
・マッチョな彼が、実は攻められ好きだった。

どんなことだって愛する人のことなら知りたいと願う。それが彼自身の本質に触れ、他の人が知らない部分ならなおのことです。そんな女性の願いを、セックスは叶えてくれるのです。

なぜならセックスは、パートナーにカラダを委ね、ココロを開き、誰にも見せない醜い部分をさらけ出し、それを受け入れるコミュニケーションだからです。自分の醜さをさらけ出した結果が快感になり、パートナーの醜さを受け入れた結果が情愛になり、パートナーへの理解はさらなる快感と情愛を引き寄せる力となるのです。

意外な理解の他にも「やっぱりね、イメージ通りだってわかってた!」と思うことだって、もちろんあるでしょう。それも「イメージ通りな相手だとわかった」と理解したのです。

    他者の介入を一切許さない、あなたとパートナーだけの太い絆

「それならば、彼というパートナーを知るために、セックスは絶対にしなければならないのですか?」

そう思う人もいるでしょう。絶対ではありません。そもそもセックスなんて強制されてするものではありませんから。しかし、セックスしているパートナーとしていないパートナーでは心の繋がり、絆の強さが違います。

先にもお話した通り、セックスはお互いの醜い部分を見せ合い、受け入れ合うコミュニケーションです。自分の醜い部分を受け入れてくれたパートナーは果たして、心の繋がりの薄い人でしょうか。

またパートナーは、あなたが誰にも見せなかった醜い部分を知ることで、自分は特別だという感情が生まれます。それは他者への優越感となり、醜いあなたを独り占めしたい、さらけ出しているその顔を、他の人に知られたくないと願うようになります。つまりパートナーにとってもあなたが特別な人間になるのです。

「もっと、もっと知りたい」とパートナーを求めて歓喜の声を上げ、束縛し合い、快楽を与え合う2人が、細い絆のままでいられるはずがありません。

ですから。彼に愛されたかったら、セックスという2人だけの星座表に線を引いてください。ココロもカラダも、醜い部分をフルオープンにして、「これが私の星座です。どうぞ受け入れてください」と言えるようなセックスを。

星と星を線で繋いでいくうち、誰も見たことがない星座がポッとできているはずです。それがお互いを知るためのコミュニケーションを重ねた結果。他者の介入を一切許さない、あなたとパートナーだけの太く、強い絆を手に入れられます。

(小室友里)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

セックスは醜い部分をさらけ出して受け入れること 小室友里が説く、性のコミュニケーション

関連する記事

編集部オススメ

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

脱サラした自営業者のウートピ編集長・鈴木円香と、社畜プロデューサー海野Pのふたりが、時にはケンカも辞さず本気で持続可能なワークスタイルを模索する連載です。

記事ランキング
「美女と野獣」
公開記念特別企画
その、呪われたドレスを、脱ごう。