上下おそろいの下着をつけている女性はわずか23%! 「仮面キラキラ女子」の下着事情

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
上下おそろいの下着をつけている女性はわずか23%! 「仮面キラキラ女子」の下着事情

「仮面キラキラ女子」の下着事情

オシャレ女子たるもの、洋服に気を使うだけでなく、下着もいつでも綺麗なものを上下セットでつけているはず……。しかし、ある調査によると、下着を上下セットで毎日着ている女性は23%しかいないという事実が発覚しました!

ショーツはブラジャーよりいたみやすい

(アンケート)あなたは、下着を上下揃えて着けていますか。

<回答>
常に上下揃えて着けている・・・・・22.6%
揃えている日といない日が半分ずつくらい・・・・・18.6%
いざと言う時だけ揃えて着けている・・・・・16.8%
揃えずにバラバラで着けている・・・・・42.0%

上下セットで着ない理由として多くあがっていたのが「ショーツはブラジャーよりいたみやすいから」。確かにオリモノ汚れなどを部分洗いするため、ショーツの方がブラジャーよりも早くクッタリしがちです。一方、常に上下揃いの下着を着ている女子たちからは「自分の気持ちをアゲるため」「そろっていたほうが可愛い」と女子力高めな意見が出ています。

下着は手抜きの「仮面キラキラ女子」も多い

ブラジャーと比べてクッタリしやすいショーツですが、さらに女子にヨレヨレショーツの所持率についても聞いてみました。

(アンケート)あなたは、汚れが気になったり、ヨレヨレのショーツを持っていますか。

<回答>
持っている・・・・・60.6%
持っていない・・・・・39.4%

なんと汚れが気になる、ヨレヨレのショーツを持っている人が60%もいるのです。確かに、ショーツはどうしても汚れやすいため、洗っても色が残ったり、洗いすぎでヨレヨレになったりしがちですよね。ファッションはセンスよく決めていても、その下は汚れたショーツで過ごしている、下着は手抜きの「仮面キラキラ女子」も多いのですね。でも、急にセクシーな展開になったときに「今日のショーツ見せられない!」と気づくのは恐ろしいことではありませんか。

そんなあなたも、あきらめないで! ショーツの汚れが気になる、下着を長持ちさせたい女性必見! 今は便利なものがあるのです!

花王さんから教わったこちらの動画で、パワフルボイスの「パンティーチャー」がお勧めしていたパンティライナー「花王 ロリエきれいスタイル」。ショーツの一番汚れてしまうところは全部ロリエきれいスタイルが吸い取ってくれるので、そこはそのまま捨ててしまえばOK。今までせっせとしていた部分洗いが不要で楽ですし、これならお気に入りのショーツも長持ちしそうです。「とっておき」の下着もこれがあれば普段使いできます。

「仮面キラキラ女子」の下着事情

「つけている」という感覚がまったくなく快適

なお、アンケート結果ではパンティライナーを使ったことのある人は50%。使っていない人と使っている人がはっきりと分かれる結果になっています。

(アンケート)あなたは、直近1か月で【パンティライナー(おりものシート)】を使ったことがありますか。

<回答>
使ったことがある・・・・・50.0%
使ったことがない・・・・・50.0%

使ったことがない人はもったいない! 「花王 ロリエきれいスタイル」、筆者も使ってみたのですが、下着の洗濯が「今までの手間はなんだったんだろう」と思うくらい楽になりました。付け心地も薄いので、「つけている」という感覚がまったくなく快適です。筆者の場合、洗濯が楽になるので生理じゃないときは、毎日パンティライナーを使っていますが、生理の終わりかけとか、おりものが多いとき(個人差は出ますが、排卵時がおりもののピークといわれています)だけパンティライナーを活用する人もいました。

ちなみにパンティーチャーの声に聞き覚えはありませんか? 実はあのLilicoさんだそうです! あなたも、ロリエ きれいスタイルを使って脱いでもイケてるキラキラ女子になりましょう!

(編集部)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

上下おそろいの下着をつけている女性はわずか23%! 「仮面キラキラ女子」の下着事情

関連する記事

編集部オススメ

多少の肌トラブルがあっても若さで乗り切れるのは20代まで。用賀ヒルサイドクリニック院長の鈴木稚子先生と一緒に、30代からは自己流の習慣を見直しましょう。

激務の通勤生活、今年で何年目? ふと気づけば、プライベートの暮らしは仕事に押しつぶされてぺちゃんこに。何のために頑張っているのかわからなくなることさえありますよね。「いつまでこんななんだろう」「働き方を変えたい」「でも方法が分からない」この連載では、そんな悩みや迷いをえいやっ!と乗り越えて、“ライフ”に“ワーク”をぐんと引き寄せてしまった彼女たちに話を伺います。

記事ランキング
人が回答しています