タグ
2015/04/22
菊池美佳子の【珍味なオトコの愛し方】
背が低い、体毛が濃い……、男性がクヨクヨこだわっているコンプレックスは、実は女性にとって愛し甲斐のあるチャームポイントなのです。一般的に「女性ウケする」と言われているタイプ以外の男性が持つ、味わい深い魅力をコラムニストの菊池美佳子が解説。あなたの隣にいる男性は、噛めば噛むほど美味しい「珍味」かもしれません!
連載一覧へ

「下戸男子」の酒の力に頼らない恋愛姿勢

今週は下戸……酒の飲めない男性がテーマです。『低収入男子のきしむベッドで優しさを持ち寄り…』の回に続き、またもや筆者にとってはだいぶハードルの高いお題が巡ってきました。三度のメシより酒が好きな筆者は、大酒飲みに男気を感じる性分。逆から考えると、酒好き女性にこそ、是非お読み頂ければと存じます。

    「人生半分損している」!?

酒が飲めない男性は、なぜそれをコンプレックスに感じるのでしょうか? その理由は、「人生半分損している」、この言葉の圧倒的威圧感によるものだと筆者は考えます。酒を飲めない人が、「人生半分損しているって、自分でも思うんだけどね」と、やや自嘲気味に話すのを聞いたことがあるはず。「酒が飲めない=人生を楽しめていない」というイメージが強いため、「俺の人生はつまらないもの」という思考に至るのでしょう。

    仕事への影響も……

ビジネスシーンでは、酒が飲めるほうが確かに好都合! 飲みニケーションという言葉があるくらいですからね。会社の飲み会で上司と打ち解け、その後の仕事がやりやすくなったりします。お得意様の接待においても然り。そう考えると、飲めないよりも飲めるほうが、出世に繋がるイメージです。よって、「酒が飲めない=仕事上不利」と感じ、コンプレックスに感じるのでしょう。

    酒が飲めないオトコは恋愛対象外!?

男性の下戸コンプレックスは、筆者のような酒好き女性にも原因があるのでしょう。酒好き女性はみな一様に、「付き合うなら酒が飲める男性!」と、口を揃えます。ごめんなさいね、筆者も以前、ブログか何かに、「男性とインド料理屋に赴き、店員から飲み物のオーダーを訊ねられた際、『ビール』と言おうとした瞬間、相手男性が『俺はラッシーで』と言いやがり、ぶん殴ろうかと思った!」などと、恐ろしい記述をした記憶がございます。こういう怖いオンナの自己主張が強すぎるために、「酒が飲めない俺は、全ての女性にとって恋愛対象外」と、絶望的な気持ちになるのでしょう。

    口説き文句が信用できる

ここからは歯を食いしばって……じゃなくて気分を変えて、酒が飲めない男性の魅力について紐解いていきましょう。まずは、なんといっても「口説き文句が信用できる」という点。酒が飲めない男性の言葉に、「酔った勢い」はありえません。「好き」も「愛している」も「付き合おう」も、全て本心に基づいた誠実な感情の表れ。後から、「あれっ、俺そんなこと言ったっけ? 酔っ払っていたからなぁ」などと言い訳する心配もゼロ。安心してお付き合いに臨めます。

    ドライブデートが楽しめる

これは、「酒飲みカップルあるある」なのですが、クルマでお出かけしたくても、お互い目的地で酒を飲みたいため、「じゃあ、電車にしようか」と、選択肢が狭まります。対して下戸男性の場合は、「俺は飲まないから、運転は任せて」と、頼もしい限り! 電車と違って、密室空間のクルマは、お互いの距離感が自然と縮まります。道中、河川敷でカーセックスに興じることもあるでしょう。電車内でセックスはできませんが、クルマならそれが可能となるのです。三度のメシよりセックスが好きな女性にとって下戸男性は、まさに救世主といえるでしょう。

    セックス時の感度が良好

セックスといえば! 酒を飲むと感度が鈍り、イキにくくなります。飲酒後のセックスで、相手男性が中折れしたり射精に至らなかったりだと、オンナとしては切ない気持ちになりますよね。「酒のせいってことはわかっているけど、もしかして私の魅力不足なのかしらん?」と。「私の乳輪がビッグサイズだから萎えたのかしらん?」とか、「私の膣、緩かったのかしらん?」とか、「手入れを怠っていたアヌス周りのムダ毛が、後背位のときに気付かれちゃったのかしらん?」とか、考え始めると、もう止まりません。

下戸男性は、そういった心配はゼロ! 感度良好で、それこそAV男優に勝るとも劣らない、わかりやすーい反応を見せてくれるでしょう。オトコの喘ぎ声は、女性にとって最高の興奮材料! 性生活の満足度は確実にアップします。中折れすることもなく、きっちり射精まで到達するでしょう。あなたの、オンナとしての尊厳は保たれるのです。

最後に、筆者が合コンで出会った下戸男性の名言をご紹介して〆たいと思います。

「酒は飲めないが、胃カメラは飲める!」

男気を感じますね。大半の人が身構える胃カメラに堂々と立ち向かう姿勢は、眩しいくらいです。皆さんも、下戸男性に遭遇した際は、「お酒飲めないのね」で話を終わらせず、「そのぶん何を飲むの?」と、会話を広げる歩み寄りを。「コーヒー」「紅茶」などのスタンダードな答えが返ってくるか、はたまた「胃カメラ」のような珍回答が返ってくるか、お試しあれ。

菊池 美佳子

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています