タグ
2015/04/10

ボーイズラブ発「通勤妄想族」とは?

いまや男性同士の恋愛を扱ったジャンル、BL(ボーイズラブ)という言葉は、日常の会話でも耳にするほど世の中に浸透してきました。なぜBL作品が、これほど多くの女性達に支持されるのでしょう。まずはその魅力を女性向け官能小説アプリ『秘蜜の本棚』運営スタッフ・羽生リカさんに伺いました。

    乗客をBLの登場人物に仕立てる通勤妄想族

「BLは、一般的に欲望が絡み合う男女や、嫉妬が渦巻く女同士の関係では生まれない、男同士による純粋な愛を垣間見ることができます。それでいて同性という禁断の恋が物語をより一層引き立て、女性を惹きつけるのです」

そんなBLは近年、読者の日常生活にも影響を与え、“通勤妄想族”を生み出していると羽生さんは言います。通勤妄想族とはその名の通り、通勤中に人には言えない妄想を頭の中で繰り広げている人々のこと。

高校の頃からBL作品にハマっていたというAさん(24歳)もまた、通勤中にあらぬ妄想をしているそうです。

「地元の駅からの電車は毎朝空いているため、いつも座りながらBL小説を読んで過ごしています。本を持ち歩くのは大変なので、私が重宝しているのはスマホ。今はアプリとかで簡単に読めるので、BLも気軽に楽しむことができるんですよね。

その際、私がよくやるのが、対面した座席にいる男性をBL小説の登場人物へ勝手に置き換える妄想です。タイプの男性が座っていたらその人の顔を目に焼き付けてから、小説に投影させるとドキドキ感が全然違う。

例えば『受け』のキャラに変換した場合、性的な描写の途中で男性の顔を再び見たりして、"この人、凛々しい顔して、夜はこんなかわいい声出すんだ……”ってひとり電車で妄想しています」

    男子を凝視するテクニックとは

いくら電車とはいえ、前に座る人の顔を凝視していたら怪しまれないのでしょうか? しかしAさんはあるテクニックを使っていると言います。

「私がいつも実践しているのは、周りの人にもわかるような少し大きめなヘッドホンを装着すること。手を耳に当てながら音楽を聴いているふりをして、一直線を見つめれば、“曲に集中している”という印象を相手に与えるため怪しまれないんです。コツはチラチラでなく堂々と凝視することですね」

    イケメンとおじさんの組み合わせに興奮

一方、満員電車に乗って通勤しているというBさん(28歳)は、男性同士が密着する姿に興奮を覚えるのだという。

「BLの影響でいつしか男性同士の組み合わせを妄想するようになっちゃいました。通勤はいつも満員電車なのですが、痴漢の冤罪を恐れてか男性は女性側に向くのを避ける人が多い。その結果、男性同士が顔を合わせて密着する光景は珍しくないんです。

それが通学中の美少年と、くたびれたおじさんサラリーマンという組み合わせだったらもう最高。2人の濃厚なキスを妄想して勝手に盛り上がっちゃいます。綺麗なものが汚されていくシチュエーションにとても興奮するんですよね」

このように通勤中、様々な妄想を繰り広げる女性達。皆さんも自分なりの妄想を広げ、通勤時間を一味違ったものに変えてみてはいかがだろう。

取材協力: 羽生リカ
R18女子限定書店『秘蜜の本棚』運営スタッフ。『秘蜜の本棚』は無料アプリをダウンロードして好みの作品をこっそり楽しめる。今なら期間限定「BL小説まるごと1冊無料」キャンペーン中!

(篠田エレナ)

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています