亀井百合子の“アラサー女芸能人”度チェック
世間を騒がすアラサー女性タレントを例として自己診断チェックを行い、恋愛強者を目指しましょう。芸能&カルチャーに強いライター・亀井百合子が恋愛の極意と女性心理の深淵に迫ります!
連載一覧へ

女性タレントを例として自己診断チェックを行い、恋愛強者を目指そうというこの企画。第2回は、中村昌也、小栗旬、川久保拓司、元ジャニーズJrの魚谷輝明……とイケメン遍歴を持つ矢口真里センセイから、恋愛の極意と女性心理の深淵に迫ります!

【矢口真里の恋愛格言】
「出会ってすぐに『ずっと一緒にいるだろう』と感じたけど、私から結婚の文字は一度も出さなかったんです」(マガジンハウス『an・an』2011年8月24日号)

上記の格言は、元夫・中村昌也との結婚の際の発言です。いわく「安易に(結婚を)迫って関係を壊したくない、と思うほど大切な存在だったから」。そんなナイーブさを見せていた矢口真里ですが、2年後にはモデル・梅田賢三を自宅に連れ込み、中村と鉢合わせになるという大騒動を起こし、現在は梅田とラブラブ同棲中。中村以前にも、矢口は無名時代の小栗旬と交際し、“あげまん”伝説を打ち立て、小さくても恋愛においてはただならぬ貫禄を見せつけています。

現在は、女性からの好感度はドン底状態。ネットの掲示板を見れば「ビッチ」「不快」と叩かれ放題ですが、叩かれ方を見てみると「あの程度の外見で!」「しれっと復帰して仕事も男も手に入れるなんてずるい!」といった嫉妬心が根底に見え隠れしています。女性から見て「あの程度」の女であることと、モテるかどうかは無関係。きっと矢口にも学ぶべきことがある……はず!?

イケメンだけを狙いカネや地位には固執しない狩猟スタイル。かつて「28歳で結婚する」と宣言し、自分からは結婚を迫らずして28歳で結婚できるよう仕向けるという人心掌握術。さらに、男性関係は奔放でも仕事はだらしなくない(=業界ウケがいい)というプロ根性。彼女にはヤグチズムとも言うべき筋の通った主義があるようです。あなたはこの美学、理解できる? ヤグチ度をチェックしてみてください。

YESの数を数えてね!

1:好きになったら周りが何と言おうと関係ない
2:男はまず外見
3:恋愛において「料理」は武器ではないと思っている
4:愛読書は『ONE PIECE』
5:ハンドクラフトが好き。下手でも臆面なく手作りのモノをプレゼントできる
6:酒豪
7:よく自分から男を飲みに誘う
8:自称“がんばり屋さん”
9:仕事では空気をよく読む
10:待ち合わせには遅れない

●YESが7〜10の方
あなたは、カネのないイケメンをオトす才能の持ち主です! “家庭的”をアピールすると逃げるという彼らの習性を熟知しており、『ONE PIECE』など男子が好みそうな話題から囲み込むワザで、本能の赴くままに男たちを手に入れていくヤグチズム。しかし、「貞淑な女こそ愛されるべき」と信じる女から見ると、あなたは眉をひそめる存在のようです。陰口を叩かれる覚悟を持って、我が道を勝手に行っちゃってください。

●YESが3〜6の方
カッコイイ男と遊びたい、でも幸せな結婚もした〜いと都合よく考えているあなた。ヤグチの道はそんなに甘いモンじゃありません。安定した結婚生活を望むなら、危ない遊びはやめるべき。もし刺激がほしくなったときは、怒りに震える夫の前で、ハダカで土下座する浮気相手の姿を想像してみましょう。それでもその男が愛おしいと思えるのなら、ヤグチの道へ一歩踏み出すのもアリかもしれません。くれぐれも自己責任で。

●YESが0〜2の方
自分が認めない女がモテるのは許せない、モラルに反することをした女はバチが当たるべき。そう考えるあなた。お疲れさまです。矢口もマンガ『失恋ショコラティエ』で不倫するサエコについて「許せない。彼女の行動は、読んでいてイライラします」「意味がわからない。私が言うのもなんですけど……(笑)」と語っています(2015年2月13日付け「このマンガがすごい!WEB」)。女ってそう思ってしまうものなんでしょうね。


>>チェック項目の出典
2:「男の人がすごい好き」「背の高い、カッコイイ人が好きです」(2014年12月10日配信「めちゃ×2ユルんでるッ!」フジテレビオンデマンド)
3:中村昌也「アイツ、全然料理つくんないんですよ。嫁は結構考えるタイプなので、料理をやめたタイミングは、『主婦本とかを出して売れるのは今じゃない』と考えたタイミングだった」「(芸能人の)子どももぼんぼん生まれているけど、『今産んだら(芸能人の)出産ラッシュと当たる』とか、ちゃんと家で考えている」(2013年5月19日放送「行列のできる法律相談所」日本テレビ系)
4:「(休業中は)『ムダづかいはできない!』と思って、あまり買わなかったです。むしろ自分の持っているマンガを読み返していました。『ONE PIECE』とか。最新刊で76巻(2015年1月時点)なんですけど、やっぱりイチから読み始めると、すごい時間になるんですよ」(2015年2月10日付け「このマンガがすごい!WEB」)
5:ペーパークラフトの姫路城をロンドンブーツ1号2号の田村淳に、陶器の箸置きを上沼美恵子にプレゼントしている。
6:「日本酒なら1升、テキーラなら一晩で30杯飲んだことがある。そのときのチェイサーはシャンパン」(2010年9月9日放送「ダウンタウンDX」読売テレビ系)
7:矢口の飲み友だちに山本裕典、ザブングル松尾陽介がいる。中村昌也と知り合ったのは、矢口から飲みの誘いを受けた山田親太朗が中村を連れていったことがきっかけ。
8:「他人よりも、自分が優れていると思える部分は?と聞くと、彼女は『ないです!』と即答した。『でも、ガンバルっていうことは、一度も休んだことがないんです』」(集英社「週刊プレイボーイ」2009年4月6日号)
9:「他の出演者を観察し、『自分のポジションを探し続けました』」(集英社「週刊プレイボーイ」2009年4月6日号)
10:「いつも早く着いてしまう。。。一番のり 待ってます」(2015年1月31日付け公式ブログ)

亀井百合子

この記事を読んだ人は答えてね!
人が回答しています